コロナによる内定取り消しや先延ばし問題!ヨガインストラクターの雇用は?

新型コロナウイルス感染拡大に伴って日本経済の混乱が続くなか、雇用や就業に大きな影響を及ぼしていることは、みなさんもご存知のことかと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、この春に入社予定の会社から内定を得ながら入社時期を繰り下げられているというケースが500件以上に上ることが厚生労働省の集計で判明した。4月30日時点で、全国の労働局に520人から入社時期の繰り下げに関する相談があり、内定取り消しの相談も92人からあった。

引用元:毎日新聞「新型コロナ 入社延期、相談520人 内定取り消しは92人 厚労省集計」

経済悪化により廃業に追い込まれる企業も多く激変する雇用環境に「再び就職氷河期がくるのではないか…」とささやかれ、不安は大きくなる一方です。
また、休業要請が続いた中、ヨガインストラクターの雇用状況はどうなっているのでしょうか。

新型コロナによる内定取り消しは有効?

そもそも新型コロナウイルス感染拡大の影響による突然の内定取り消しが有効なのか気になっている方もいらっしゃると思います。

内定の段階で労働契約が成立しますので、内定取り消しは基本的に解雇と同じです。
内定者が採用決定の際、重視された最終学歴や資格などを詐称したとか、大学を卒業できなかったといった事情があれば、契約の前提となる条件に違反したことになり、内定を取り消すことができます。一方、会社側の事情での内定取り消しは原則として無効です。

引用:朝日新聞「コロナ拡大で内定取り消し、有効? 辞退勧めるケースも」

会社側が内定を取り消すには、

  1. 人員整理の必要性
  2. 解雇回避努力義務の履行
  3. 被解雇者選定の合理性
  4. 解雇手続きの妥当性

の解雇4要件を満たす必要があります。
会社はたとえ新型コロナウイルスの影響により経営が悪化し倒産しそうであっても、内定者に対して内定取り消しを回避するために最大限の努力をしなければならないそうです。
また、入社日の先延ばしも、会社都合であれば休業補償がもらえる可能性があるといいます。

参考サイト:日本労働組合総連合会

内定取り消しを受けたらキャリアセンターに相談を

突然、内定取り消しを受けたらショックでどうしたらいいか分からなくなってしまいますよね。
内定取り消しを受けた場合は、速やかに在籍している大学・短大・専門学校のキャリアセンターに報告しましょう。すでに卒業式を迎えていても問題ありません。
キャリアセンターの職員は、内定取り消しを受けた場合のノウハウを持っているので、どのように対処すべきかアドバイスをもらえるはずです。

万が一、キャリアセンターが対応してくれないということが起こった場合は、ハローワークに相談するとよいでしょう。

ハローワークの新卒者内定取消等特別相談窓口

全国56ヵ所の新卒応援ハローワークでは、新型コロナウイルス感染拡大をめぐる内定取り消し・先延ばしなどの問題を受けて、2020年4月13日(月)から「新卒者内定取消等特別相談窓口」を設置しています。

①内定が取り消されてしまいそうなときは…
皆様の内定取消し回避に向けて、企業へ働きかけを行います。
②内定が取り消されてしまったときは…
個別のきめ細かな支援により、みなさまが早期に新たな就職先を決定できるよう全力で支援します。
③就職活動に自信・意欲をなくしてしまったときは…
臨床心理士などの支援により心理的なサポートや再度の就職活動に向け、本人の状況や希望を丁寧に伺いながら支援します。

引用:厚生労働省
特別相談窓口では、上記を主な支援内容としてあげています。

また、電話からの相談も受け付けているので、わざわざ来所をしなくても大丈夫です。新型コロナウイルス感染防止のためにも、まずは電話での相談をおすすめします。
企業の急な対応にお困りの方は、最寄りのハローワークに相談してみてください。

新型コロナ禍ヨガインストラクターの雇用はどう?

新型コロナウイルス感染拡大の甚大な影響を受けた事業というと、イベントや飲食業、旅行宿泊業などを思い浮かべる方が多いかもしれません。
フィットネス業界も例外ではなく、一部の施設でコロナ感染者が特定されたり、休業要請を受けたりなど大きな影響を受けています。小規模のヨガスタジオでは、倒産の危機にさらされているところもあるでしょう。

また、フリーランスでインストラクターとして働いている方は、会社に雇用されている従業員と違い雇用保険や労災保険といった社会保障が適用されないことがほとんどです。そのため、仕事のキャンセルや雇止め、休業補償がなかったりと大きな収入減に直面していると聞きます。

今回の新型コロナ問題で、雇用をもたないフリーランスとして働くことのリスクを再確認した方も多いのではないでしょうか。

ヨガインストラクターならオンラインでも指導ができる?

ヨガオンラインレッスン
休業要請中、対面での指導ができないため、多くのヨガスタジオではオンラインレッスンを開始しました。
外出自粛期間中は家の中にこもりきりのため、運動不足の解消やリフレッシュを目的に、自宅でヨガを始めた人も多いようです。

オンラインで語学などの習い事を提供するスモールブリッジ(東京・渋谷)が緊急事態宣言後1カ月で人気になったレッスンを調べたところ、1位は「ヨガ・ワークアウト」だった。「音楽(ピアノやバイオリンなど)」や「そろばん」が続いた。対面で学ぶ教室に行けなくなり、オンラインに移行する人が増えているという。

引用元:日経新聞「緊急事態で人気のオンライン習い事、1位はヨガ 民間調査」

直接お客様への指導が必要となるマシンなどを使ったフィットネスでは、オンライン対応が難しく、店舗営業ができないことでインストラクターを悩ませました。
そのため、フィットネス業界では、今後もこのような事態が発生した場合を考えて、自宅でも指導ができるヨガの取り入れを検討するインストラクターが増えてきているといいます。

新型コロナウイルス感染拡大により、世の中は健康への意識が高くなっているため、これからヨガの需要もますます増えていきそうですよね。ヨガインストラクターを目指すには絶好のチャンスかもしれません。

新型コロナで内定取り消し・先延ばしになった人の積極採用も!

現在、4月入社の新卒学生には、突然の内定取り消し・先延ばし通告に不安を抱えながらも再就職活動をがんばっている方もいらっしゃるでしょう。
そんな中、新型コロナウイルスの影響で内定取り消しや先延ばしとなった人を積極的に採用する動きをみせる企業も出てきました。

ヨガスタジオでも、アミーダのように採用活動を行っているところがいくつかあります。
アミーダでは、1ヶ月間のインストラクター講座が用意されており、ポージング・知識からヨガを行ううえでの身体づくりまでしっかりと研修を行うので、未経験でも安心してデビューができます。
働きながらヨガインストラクターを目指せるので、費用の心配もいりません。
業務内容も、インストラクターとしての仕事だけでなく、フロント業務から営業活動などの店舗運営業務とさまざまなので、スキルアップにもピッタリの環境です。

Web説明会も行っているそうなので、ヨガインストラクターを目指している方はもちろん、少し興味あるかも…という方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

【アミーダのヨガインストラクターの新卒採用】

雇用形態:正社員
仕事内容:ヨガ店舗の経営・運営/1日2レッスン前後実施/フロント業務(入会促進企画)/物販の企画販売
月給:21万円/新卒(専門・短大含む)
(固定残業代26,923円含む、超過別途支給)
※3ヶ月試用期間19.3万円
(見込み残業代24,744円含む)
無料インストラクター養成講座あり
保険:各種保険完備
賞与:業績による
昇給:役割や評価に応じて随時昇給チャンスあり!
勤務時間:8:00~22:30(店舗による)実働8時間
休日:110日 週休2日制
採用プロセス:説明選考会→2次面接→3次面接→最終面接

詳細は、新卒採用ページをご確認ください。

【アミーダのヨガインストラクターの中途採用】

雇用形態:正社員
仕事内容:ヨガ店舗の経営・運営/1日2レッスン前後実施/フロント業務(入会促進企画)/物販の企画販売
月給:21万円~40万円
(固定残業代26,923円含む、超過別途支給)
※3ヶ月試用期間19.3万円
(見込み残業代24,744円含む)
無料インストラクター養成講座あり
保険:各種保険完備
賞与:業績による
昇給:役割や評価に応じて随時昇給チャンスあり!
勤務時間:8:00~22:30(店舗による)実働8時間
休日:110日 週休2日制
備考:※養成講座中も給与あり(選考期間中の給与はなし) ※1〜6ヶ月の契約社員を経て正社員登用

詳細は、中途採用ページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染が終息の兆しを見せる中、まだまだ雇用状況など今後の課題や不安も多いでしょう。
この記事が、内定取り消しや先延ばしを受けた方の希望に少しでもなりますように…。