ヨガインストラクター通信講座の実情とは??

大好きなヨガを極めてヨガインストラクターとして働きたい!という方も多いと思います。

ヨガを始めると身体が整ってくるので、自分が体験した変化の感動を一人でも多くの人に伝えたくなりますよね。
私もその一心でヨガインストラクターを目指し、今こうしてヨガインストラクターとして身を立てています。

ヨガインストラクターになる為に資格は必要なの?
どんな資格を取れば良いの?
通信講座って実際どう?
と、よく質問を受けます。

そんな疑問に現役ヨガインストラクターが全力でお答えしたいと思います!

ヨガインストラクターに資格は必要?

ヨガインストラクターになるために資格は不要です。
「ヨガスクールに1年通いヨガインストラクターの資格を取得した」
「仕事の合間にヨガインストラクターの資格を通信講座で取得した」
という人もいますが、公的な資格は一つも存在しません。
そのため、ヨガインストラクターの資格というのは一つの目安といったところです。

実際、ヨガインストラクターの資格を持っていても、面接やオーディションの役には立ちません。
資格を持っているからと言って採用されるわけでは無いんです。

まずはヨガインストラクターになる!
その後、おいおい考えればで良いでしょう。
私もそうでしたよ。

ヨガインストラクター資格の種類

ヨガインストラクターになるために資格は不要です。
ただ、将来フリーのヨガインストラクターとして活動したいなら、ヨガインストラクターとしての身分証みたいな感じで資格があるとフリーヨガインストラクターの場合は何かと便利です。
ヨガインストラクターになった後、簡単にはフリーのヨガインストラクターにはなれません。
簡単にいくほど甘い世界ではありません。
ですので、資格はおいおいです。

ヨガインストラクターの資格種類と資格費用について詳しくご紹介しています。
詳しくは、「ヨガインストラクターの資格種類と資格費用」をお読みください。

ヨガインストラクター資格と言えば?

資格として有名な「全米ヨガアライアンス認定資格」があります。
この資格は、ヨガインストラクターになるために、どのくらいの時間をかけて勉強し、どの程度の知識・技術を身につけていますという証明のようなものと思ってください。
ヨガインストラクターの中でも、「資格を取るのならその全米ヨガアライアンス認定資格が良い」という風潮があります。

全米ヨガアライアンス認定資格は、「RYT200」(200時間の受講が必要)がスタートラインです。
アメリカの協会が認定していますが、全米ヨガアライアンスが認めた日本にあるスクールで取得することができます。
ただし、どこのスクールでも取得できるわけではないので注意してください。

RYT200の取得費用は幅があり30万円~70万円ぐらいするようです。
私は、費用とと内容はある程度比例していると考えています。
例えば、トレーナの数が少なかったり、レッスン数が必要な時間数をカリキュラムに組まれていなかったり……。
全てのスクールがRYT200の基準を満たす訳ではありません。

日本では、日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

  • 3級マスターコース(受講時間38.5時間)
  • 2級アドバンスコース(同59.5時間)
  • 1級シニアコース(同60時間)

が、よく知られた資格で、フリーのヨガインストラクターとして資格を持つなら2級以上が望ましいと思います。

いろいろ資格はありますが、高い費用を支払って、蓋を開けてみたら無駄に終わったなんて事を避けるためにスクールに通うのであれば、しっかり確認してくださいね。
時間もお金もかかる上に、どこのスクールを選べば良いのか?
かなりの難題です。

ヨガインストラクターの通信講座とは?

ヨガインストラクターになるために特別な資格は必要ありませんが、スクールに通学したり通信講座を受けることで、インストラクターになるための勉強をすることができます。

その中でもテキストやDVDを使って自分でヨガについて学んでいく勉強法が通信講座です。
通信講座にもいくつかの会社や団体があり、それぞれで講座内容や費用が変わってきます。

通信講座によってはカリキュラム修了時にそれぞれの会社や団体が認定する民間資格が取得できるものもあります。
これは、ヨガインストラクターとして就職活動をする際に少しだけ有利になったり、フリーのインストラクターとして働く場合に役立ちます。

ヨガインストラクターになるためではなく、なかなかヨガスタジオに通う時間が取れなかったり、家の近くにヨガスタジオがなかったりする人がヨガを始めるために通信講座を利用することも多いようです。

通信講座のカリキュラム内容

例として、ヨガインストラクター通信講座(キャリカレ)のカリキュラム内容をまとめてみました。
https://www.c-c-j.com/course/healing/yoga-instructor/curriculum.html

【最初の1~2ヶ月】
必修の学習項目として、ヨガの歴史や種類、人間の骨格や関節、呼吸法、瞑想、ポーズなどといった、ヨガの基礎を学びます。
任意の学習項目ではヨガインストラクターとしての心得や、ヨガ教室開業の準備などを学ぶこともできます。

【3ヶ月以降】
リラックスヨガやキッズヨガ、マタニティヨガなど、自分の受けたいコースを選択し、2ヶ月間学習します。

【5ヶ月以降】
コースカリキュラム修了後、希望者は各ヨガインストラクターの資格試験を受験します。
試験に合格することで、晴れてプロのヨガインストラクターになることができ、その資格を就職や開業に活かすこともできます。

通信講座のメリット

通信講座のメリットは、何と言っても自分の空いた時間に自分のペースで学べることです。
仕事をしながら、学校に通いながら、育児の合間に出来るのが大きな魅力ですよね。

スクールに通うのと比較をすると、通信講座は時間を有効に使えて、学習期間は2~3か月を目安にしているところが多く、なかには卒業課題を提出することによって試験免除となる講座もあるようです。
受講料も40,000円~80,000円(認定試験料が別途必要になります)
スクールに通う費用と比較すると通信講座の方が手の出しやすい金額になっています。

通信講座のデメリット

通信講座のカリキュラムは、ヨガ哲学、倫理、解剖生理学などをテキストで学び、実技はDVDなどの動画で学びます。
ヨガを映像(動画)で学ぶメリットは何度も何度も繰り返しポーズ練習ができることですが、所詮映像です。目の前で直接指導を受けているわけではありません。

それがとても私が心配に思うところです。
まず、ヨガ初心者にはかなり難しいと思います。

正しいヨガ、ポーズなどを身につけないと、ヨガインストラクターとして指導することも出来ませんし、誤ったポーズは自分の身体を痛めてしまうことにもつながるという大きなデメリットがあります。

また、RYT200など全米ヨガアライアンス認定資格は通信講座はありません。

ヨガインストラクター通信講座はこんな人におすすめ

ヨガインストラクターの通信講座は空き時間に行うことが出来る為、子育て中の主婦に向いています。
通信講座で学びながら実際にヨガを行う為、産後ダイエットにも効果がありますし、ヨガインストラクターとして社会復帰を果たすこともできます。
スタジオに通うよりもトータルの費用が安く済み、旦那の給料でも気兼ねなく始められるところもおすすめです。

また、ヨガを始めてみたいけど周りの視線が気になってしまうという人にもおすすめです。
1対1でレッスンを行うヨガスタジオは私も今まで行った事がなく、通常ヨガスタジオでは複数人でレッスンを行います。
基本的にヨガを行っている時は無心なので周りなんて気にならないし気にしないのですが、ヨガ初心者の人は体型が強調されてしまうレッスン着を着たり、普段しないようなポーズをしたりしていると恥ずかしいと感じてしまう人も多いです。

そんな時、通信講座なら自宅で周りの視線を気にすることなく始められます。
自宅で思いっきりいろんなヨガポーズを楽しんでみてください。

通信講座で取得する資格は使える?スキルになる?

RYT200(全米ヨガライアンス)が取得できる通信講座はありません。
通信講座で取得できるヨガインストラクターの資格は限られていて、認知度もとても低いのが現状です。

費用を払い通信講座で、ヨガインストラクターについて学んでも残念なことに、面接や業務では通じません。
趣味で学びたい方には良いかも知れませんが、
ヨガインストラクターとしてスキルにはならないということです。
どんなヨガインストラクター通信講座があるか覗いてみましょう。

通信講座①キャリアカレッジ

ベーシックヨガ、リラックスヨガ、コアヨガ、マタニティヨガ、キッズヨガ、シニアヨガの6種類
・標準学習期間 各コース2か月程度
・受講料 66,000円
・日本能力開発促進協会認定(JADP)

キャリアカレッジ

通信講座②formie

・標準学習期間 1か月程度
・受講料 38,000円
・日本能力開発促進協会認定(JADP)

formie

通信講座③FIRST SHIP

・標準学習期間 情報無し
・受講料 79,800円
・FIRST SHIP通信講座修了証

FIRST SHIP

通信講座④SARA school JAPAN

美ヨガ基本コース
・最短学習期間 6か月程度
・受講料 59,800円

美ヨガプラチナコース
・標準学習期間 6か月程度
・受講料 79,800円
・日本アロマメディカル心理セラピー協会(JSFCA)主催の「美ヨガライフセラピスト」
日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「美ヨガライフインストラクター」の2資格の取得が可能。

SARA school JAPAN

通信講座⑤㈱エクセレントホールディングス

・受講資格18歳以上の方、未成年者の方は、親権者の承諾が必要。
・標準学習期間 1~3か月程度
・受講料65,000円(税込)教材費含む
・JMA公認ヨガインストラクター取得

㈱エクセレントホールディングス

スクールに通うのと比較すると、受講料は抑えられるのが特徴ですね。
テキストとDVDで学習する通信講座が多いですが、中にはスマホで動画を見て学習する通信講座もあります。

ヨガインストラクター通信講座の口コミ

実際にヨガインストラクター通信講座を利用した人の評判口コミを見つけたので紹介します。

ヨガインストラクター通信講座口コミ(SARA school JAPAN)

2019-07-01
初心者でも安心なカリキュラムでした。
ヨガ教室の先生は、どの様にして勉強したのかなという疑問が以前から有りましたが、こういった講座があるとは知りませんでした。申し込みをする前は、何も知らない状態でも大丈夫だろうか?という不安が大きかったのですが、初心者でも学べるようなカリキュラムでした。憧れのインストラクターへの道が開けました。

2019-07-01
通信講座が一番
ヨガ教室の費用が結構かかるので、自分で手軽に本格的なヨガを実践するなら、やっぱり通信講座が一番みたいです。もちろん資格所得を利用して将来は小さなヨガ教室でもやってみたいですね。

2019-04-22
人間とはという哲学的な事もヨガ資格で知りました。
チャクラ、瞑想法を身に付けて、深く瞑想をする事ができ、リラックスできるようになりました。私は絶対この講座はオススメです日頃ストレスの多い環境から逃れる事ができないので。

(引用元: https://www.saraschool.net/biyo/yoga/

初心者でも手軽に始められるのが魅力のようですね。ヨガだけでなく、様々な哲学も習得することができるようです。

ヨガインストラクター通信講座口コミ(キャリアカレッジ)

2019-07-26
ヨガインストラクター講座
ヨガマットも付いてきてすぐ始められるので助かりました。
テキストもわかりやすく、DVDで実際の動きも見ながら進められる為自宅でも好きな時間に出来て大変良いと思います。

2019-04-26
好きな時間で
就活中&子育て中という限られた時間での取得でした。初めは慣れなく不安でしたが空いた時間でテキストを見たり質問したりで自分のペースでストレスなく進められています。長時間拘束されるよりは私には合っていました。
転職中の方にもオススメです。
ありがとうございます。
次は何を取得しようか迷っています。

2018-11-09
とてもいい
ヨガインストラクターを受講しています。
以前にスクールで講座を受講していていましたが、それよりも内容が詳しく教材には書いてあり、添削がケータイでできるなど、とても使い勝手の良いシステムだとおもいます。
時間短縮にもなりますし。
とても助かっています。

スクールで実技の方も受講していたので、DVDをみながら 再確認出来て その辺もいいなと思っています。

(引用元: https://www.c-c-j.com/course/healing/yoga-instructor/review.html

自分のペースでヨガを学ぶことができるので、ストレスにならないようです。テキストベースでは分かりにくいことも、DVD見たら分かりやすいですね。

ヨガインストラクター通信講座の悪い口コミ

さまざまなヨガインストラクター通信講座の口コミを見ていると、中には良い口コミだけでなく「資格商材詐欺に注意」などという悪い口コミもありました。
申し込んだのに返信がないなどの被害も実際にあるようです。
また、数十万円の費用を支払ったのに数冊のテキストが送られてきただけだったという被害もあるようなので、通信講座選びは慎重に行いましょう。

未経験OK!制度や環境が整った会社で社員として働く

ヨガインストラクターの資格は国家資格ではありません。
溶岩ホットヨガで急成長のAMI-IDA(アミーダ)では、ヨガ未経験でもインストラクターを目指せるように充実の養成講座が無料で用意されています。

本社併設の専用スタジオにスクールに通う感覚で、直接トレーナーから価値ある講座を学べるのです。
今後RYT200を取得できる様に制度を準備しているそうですよ。
やはり基本をしっかり身につけているインストラクターのレッスンは実があり、お客様からも喜ばれます。

短期間で資格取得ができるアミーダヨガアカデミー!

アミーダでは、1ヶ月の短期間で集中してRYT200の資格を目指すことができる宿泊施設を備えた『アミーダヨガアカデミー』も誕生しました。
宿泊施設を完備しているヨガインストラクター養成スクールは、なんと国内初だそうです!
費用は、入学金と受講料のみで、宿泊料金はかかりません。

ヨガインストラクター養成スクールに興味があっても遠いため通えない、海外までは行けない、という地方の人でも、短期間で資格取得ができるので、好評のようです。

アミーダヨガアカデミーでは、施設利用を女性限定とし、エントランスはオートロックで管理されているので、セキュリティー面も安心です。宿泊する部屋も1人1室の完全個室なので、プライベートが守られ、集中して資格取得を目指すことができる環境が整っています。

アミーダ独自のカリキュラムでは、解剖生理学、呼吸法・瞑想法、食事法など、初心者から上級者まで満足できる豊富な技術を学ぶことができる点も魅力でしょう。

さらに、アミーダヨガアカデミーを卒業後は、アミーダのヨガスタジオでヨガインストラクターとして正社員登用してもらえたり、独立開業を目指すことも可能です。

資格に振り回されることなく、制度や環境が整った会社でヨガインストラクターとしての第一歩を踏み出すことが、ヨガインストラクターになる一番の確実な近道だと思います。