胸がざわつく原因│漠然とした不安感を対処するには?

胸がざわつく原因│漠然とした不安感の対処法はある?

「胸がざわつく…」
「漠然とした不安感に襲われる」
こういった症状で悩んでいる方もいると思います。

この時期は季節の変わり目で心や体が敏感となり違和感を覚える日が増えているのではないでしょうか?

また、症状を具体的に表すことができずどう対処していいのか分からない方も多いと思います。

そこで今回は胸がざわつく・漠然とした不安感の原因や対処法についてお話します。
悩んでいる方の解決に繋がれば幸いです。

スポンサーリンク

胸がざわつく原因・漠然とした不安感の原因

まずは胸がざわつく原因と漠然とした不安感の原因についてお話します。
自分に当てはまるものがあるか確認してみてくださいね。

自分に対して制限をかけている

「自分には無理」「自分には向いていない」など意識していないところで自分に制限をかけている可能性があります。
これは潜在意識に「何もしなくていいよ」と言っているようなもので向上心の低下に影響してきます。
とくに年齢による制限をする方が多くいます。
「もう歳だから」と口癖のように言っていると気持ちまで沈んでしまうのでなるべく口にしないよう気をつけていきましょう。

更年期で精神が不安定になっている

45歳~55歳の頃に迎える更年期。
この時期はホルモンのバランスが不安定となり、突然胸がざわつく、漠然とした不安感に襲われやすくなります。
更年期の女性のおよそ7割が心の不調を経験しているそうで決して無視できない問題となっています。
先ほど説明した「年齢による制限」も更年期によくみられる症状です。

ストレス環境下にある

外部からの刺激は心にも大きく影響します。
ストレスといっても心の病だけではなく天候や騒音などの環境的要因、病気や怪我などの身体的要因、人間関係が上手くいかないなどの社会的要因というように日常の変化でストレスを感じやすくなっています。
そのため、就職や結婚など嬉しい出来事でも環境の変化からストレスに繋がることがあります。
今自分がどういう環境にいるのかしっかり把握しておくことも大切です。

胸のざわつき・漠然とした不安感の対処法

胸がざわつく原因│漠然とした不安感の対処法はある?

当てはまる原因はありましたでしょうか?
原因を理解するだけでも症状に変化がでてくると思いますが、対処法を取り入れることでさらに症状が軽くなると思います。
どう対処していいか分からない方はまず下記の方法を試してみてください。

やりたい事や目標を書き出す

「映画を見たい」「新しい習い事を始めたい」「来年までにいくら貯金する」など目標や心の中で思っている事を紙に書き出してみましょう。
書いているうちに気持ちが明るくなり自分の可能性を広げることができます。
書くときのポイントは、出来ないと思っていることもとりあえず書き出してみること。
紙に書くのが大変という方はスマホのメモ機能を活用してみてください。

セロトニンの分泌を増やす

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」。
セロトニンの分泌量が増えると精神が安定し胸のざわつきや漠然とした不安感を抑えることができます。
セロトニンを増やす方法として有効的なのが日光を浴びること。
太陽の光が網膜を刺激してセロトニンの生成機能を向上してくれます。
朝起きたらカーテンを開けるだけでもセロトニンが増加し幸せな気持ちになりますよ。

ホットヨガで不安感を手放す

ヨガのゆったりとした空間と呼吸法は副交感神経が優位となりリラックスした状態となります。
自分と向き合うことで胸のざわつきや漠然とした不安感を対処しやすくします。
また、ヨガは緩やかなポーズが多く久しく運動していない40代50代の方でも始めやすくなっています。

数あるホットヨガスタジオの中でおすすめなのがアミーダ。
一般的なホットヨガは暖房の温風でスタジオを温めるので息苦しさを感じやすいですが、アミーダは溶岩石の遠赤外線で体の芯から自然に温めるので、呼吸がしやすく体力に自信がない方でも安心して始めることができます。
さらにインストラクターが個人のレベルや悩みに適したパーソナル型サポートをしてくれるので未経験でも効果を実感しやすくなっています。

スポンサーリンク

胸がざわつく…病気の可能性はある?

胸のざわつきが一時的なものであればそこまで心配する必要はありません。
しかし、1週間以上続いたり胸のざわつきに加えて胸が締め付けられる感じがする場合は「狭心症」の可能性も考えられます。

狭心症とは心筋(心臓を構成する筋肉)へ酸素と栄養素を送るための血管が細くなり心臓へ十分な酸素が行き届かず血流が悪くなる病気です。
酷くなると心筋梗塞に移行する恐れがあります。
再発・心筋梗塞を防ぐためにも違和感がある際は早めに医療機関へ相談しましょう。

朝に感じる漠然とした不安感の原因と対処法

胸がざわつく原因│漠然とした不安感の対処法はある?

朝起きた時に漠然とした不安感を抱くという人もいると思います。
これは、睡眠中にリラックスした脳が目覚めと共に活動しはじめ、反動のように心配事が湧いてくるからです。

対処法としてできることは

  • アラームを起床時間の10分前にセットすること
  • 朝のSNSタイムをやめる

まずはこの2つを取り入れてみてください。

起床後に余裕を持つことで余分なストレスや遅刻するかもしれないという不安を防ぐことができます。
また、朝にSNSをチェックするという方もいると思いますが、これは脳のエネルギーを大量に消費してしまうので控えるようにしましょう。
頭がクリアになって気持ちのいい朝が迎えられますよ。

スポンサーリンク

胸のざわつきや不安感は原因を把握し適切に対処しよう

胸がざわつく・漠然とした不安感には何かしらの原因があると思います。
原因を曖昧にしているとどんどんマイナスな方向に進み悪化する恐れがあります。
まずは原因を考え自分の気持ちとしっかり向き合っていきましょう。

そして、その後は適切に対処していきます。
最初は難しいかもしれませんが習慣にして繰り返すことで症状が軽くなってきます。
出来る範囲からゆっくりと始めてみてくださいね。