ヨガインストラクターの業務委託とは?社員との違いは?

ヨガインストラクター業務委託

ヨガインストラクターには、会社に所属する働き方と個人事業主になってフリーランスとして働く方法があります。

ヨガインストラクターになりたい、そしていずれはフリーランス(業務委託)で活躍したい!と思っている人の中には、「フリーならかなり稼げそう」って考えている方もいるでしょう。
正直、簡単に稼げるお仕事じゃないですが、頑張って勉強して美しいヨガを身につけて人気インストラクターになって、レッスンをたくさん受け持てばそれだけ年収を上げることもできます。
年収500万円も夢ではありません。

フリー(個人事業主)でヨガインストラクターとして活動していくには、スタジオやスポーツジム、フィットネスクラブなどから業務委託としてお仕事をいただく形が多くなりますが、
その場合の年収について、できる限りで公開したいと思います。

ヨガインストラクターの業務委託って?

いきなり業務委託契約を結んで働きたい!と思っても、きちんと経験を積んでいないとできません。
今回は、ヨガインストラクターとして有償指導経験があるという前提でお話しますね。

業務委託とは、ヨガスタジオやヨガスクールなどの会社に所属せず、仕事上のパートナーとして、
お仕事を依頼され、引き受けることで成り立つ契約形態のことです。
契約ですから、ちゃんと業務委託契約書を書いて、毎回正式に依頼する場合があります。

多くの場合、1レッスン5,000円など、単価を決めてお仕事を請け負うことになります。

東京都のヨガインストラクター業務委託契約の場合、1レッスンの平均相場は4,000円と聞きます。

業務委託の注意点

業務委託でヨガインストラクターとして働く場合、「一事業主」として扱われるため1レッスン4,000円といった感じで仕事を受けます。
そのため、労働者としての保護というのは基本的に受けることができません。

また、複数のスタジオがある場合には他店舗までレッスンに行くこともあり交通費もかかります。

業務委託契約で働くのはどんな人?

ある程度、ヨガスタジオでヨガインストラクターとして経験を積み、独立を目指す人が
フリーヨガインストラクターになる第一歩として、業務委託という働き方を選ぶ人が多いです。

あとは、結婚、妊娠出産等でライフステージが変わるのを期に業務委託契約を希望する人も多いです。
お子さんが学校に行っている間だけ働きたいですとか、時間で1レッスンの報酬を考えてみると
結構割が良いと言えると思います。

業務委託契約を結ぶには?

初めて業務委託を請負う会社では、オーディションが行われて、ヨガインストラクターとしてのレベルを見極められる事があります。
オーディションに合格して初めて契約成立って感じですね。

業務委託契約を結ぶ流れは、
応募→面接→オーディション→業務委託契約の締結
が多いと思います。

個人経営のスタジオなどでは、お仕事の型式としては業務委託でも、口約束的に仕事の依頼や報酬の支払いが行われることがあります。
あまりお付き合いのないスタジオだったりすると、「ちゃんとお金支払ってくれるかな…」と心配になったりしますが、
フリーのヨガインストラクターとして駆け出しの頃だとあまり強くも言えず、不安な働き方になることもあります。
業務委託の場合は、きちんと契約書を交わすようなスタジオからお仕事を受けたいなって思います。

インターネットを利用して業務委託のお仕事を受けるためには、スタジオなどの求人募集に応募するのが手っ取り早いです。
例えば、東京に住んでいるなら、「ヨガインストラクター 業務委託 東京」などで検索すれば、結構、多くの求人が出ていますよ。

そして、求人の内容を見てみると、業務委託の求人の場合、有償でのレッスン経験者という募集が多いです。
つまり、どんなにヨガの知識があっても、独学で最高レベルのヨガができる人でも、生徒さんに対して教えた経験がなければ、
ヨガスタジオとしてはお仕事を依頼するのは難しいということなのです。

なので先ずは、ヨガスタジオで経験と技術をしっかり積むことが必要ですね。

ヨガインストラクターとして、業務委託と社員との違いは?

業務委託は会社に所属せず、フリー(個人事業主)としてお仕事を受けています。
仕事のパートナーとして、契約上は対等の立場になりますね。
社員は、会社に所属して会社の方針にしたがって業務をこなしていく働き方ですね。

お金の面では、業務委託は毎回のレッスンの単価で稼ぐという歩合方式、一方、社員は毎月いくら貰えるかが決まっている固定給という大きな違いがあります。
ヨガスタジオなどでの正社員の場合、年収は少なくて250万円、多いところだと400万円ぐらいになりますね。

また、社員は福利厚生や社会保険などで守られていますが、フリーの場合は、自分で支払っていかなければいけません。
なかなか大変なんです・・・フリーのヨガインストラクター。

業務委託で働くヨガインストラクターの報酬と年収ってどれくらい?

フリーのヨガインストラクターとして、業務委託で働く場合の年収は、人によってバラつきがあると思います。

例えば、1レッスンの単価(報酬)を5,000円とします(5,000円は結構高い部類だと思います)。
毎日3本のレッスンをこなしたとして、
1日1万5,000円、週休二日として週7万5,000円、月に22日稼働日があるとすると、
月に33万円、年収にすると約400万円になります。

これが単価が3,000円だと、毎日3本のレッスンで月に19万8,000円、年収は約240万円にしかなりません。
単価3,000円での募集は結構みかけるので、3,000円のお仕事ばかりを受けていると、毎日4本レッスンしないと、ちょっとお金的に厳しいですね…

でも、一つのヨガスタジオで1日に4本レッスン受け持たせてくれるところはほぼないと思うので、その場合、掛け持ちとかになってきます。
あと掛け持ちは移動とかで大変ですし、それに加えて1日で4本のレッスンは自分の体力的にも辛いです。

ヨガインストラクターは年収が200万円台ということはよくあることですし、人気になれば400万円500万円も夢じゃありません。

業務委託契約と自主開催ヨガ教室

業務委託だけで生計を立てようと思うとなかなか厳しいですね。
中には、業務委託契約を結びヨガスタジオでお仕事をしながら、
自宅やレンタルスタジオを借りて「自主開催ヨガ教室」を開いているヨガインストラクターもいます。

年収500万円以上のヨガインストラクターの多くは、自主開催ヨガ教室を開いている人が多いです。

【フリー自主開催ヨガ教室の年収例】
1日2レッスン×週4日
1人1レッスン単価2,000円
スタジオレンタル代:3時間8,000円
平均8名参加した場合

2,000円 × 8名= 16,000円
16,000円 × 2レッスン = 32,000円(1日当たりのレッスン収入)

スタジオ代3時間 = 8,000円
32,000円 –8,000円 = 28,000円

28,000円 × 月16日= 月収448,000円

月収448,000円 × 12ヶ月 = 年収5,376,000円

年収500万円を突破しているヨガインストラクターがいると、
自分も頑張ろう!と思います。

ヨガインストラクターで業務委託(フリー)を募集しているスタジオ

業務委託(フリー)を募集しているスタジオ3つをピックアップしてみました

AMI-IDA(アミーダ)業務委託情報

AMI-IDA(アミーダ)
1レッスン4,000円~(経験と技術により判断)
応募資格 有償レッスン経験者
採用プロセス 面接(スキルチェックあり)→面接→レッスンテスト→採用

LAVA業務委託情報

LAVA
1レッスン5,000円
応募資格 有償レッスン経験者/RYT200またはRYT500取得している人
採用プロセス 面接→オーディション→レッスンテスト→契約

CALDO業務委託情報

CALDO
1レッスン4,300円
応募資格 フィットネスに興味がある方、人が好きな方
採用プロセス 面接→オーディション→→契約

LUBIE業務委託情報

LUBIE
1レッスン 経験、レッスン内容、スキル等により要相談
応募資格 実務経験2年以上
採用プロセス エントリーフォームから応募→書類選考→面接(1~2回)→内定

zen place業務委託情報

zen place
1レッスン 最初の一定期間、固定4,000円/1本(レッスン前後20分の受付対応含む)その後、受講者人数に応じて変動
応募資格 記載なし(有料レッスン経験者は絶対だと思います)
採用プロセス エントリー→面談兼オーディション→契約→レッスン指導開始

HOT40YOGA業務委託情報

HOT40YOGA
1レッスン(40分) 2,000円から
※Studio BOWSPRING TOKYO(茅場町)、SHINJUKUはレッスン(60分) 3,000円から
応募資格 記載なし
採用プロセス 応募フォームからエントリー(面接やオーディションに関しては不明)

Lala Aasha業務委託情報

Lala Aasha
1レッスン(60分) 3,500円から
※試用期間中(約3ヶ月)は3,500円/1レッスン、レッスン前後のスタジオ手伝いを含む
応募資格 ヨガ指導経験者(22時以降は18歳以上)
採用プロセス 郵送もしくはメールで履歴書を送付⇒その後採用担当から連絡あり(面接やオーディションに関しては不明)

ヨガステ業務委託情報

ヨガステ
1レッスン(60分) 3,000~4,000円
応募資格 ヨガインストラクター養成スクール卒業生以上(IBMAヨガインストラクター資格所有者優遇)
採用プロセス 郵送もしくはメールで履歴書を送付⇒書類選考⇒レッスンオーディション⇒内定
※業務委託契約を希望の場合は下記の5つを履歴書に記入
① オーディション希望日
② レッスン担当可能曜日・時間
③ 希望報酬額
④ インストラクターネーム
⑤ SNSアカウントID(開示しても問題のないもの)
ヨガインストラクターが業務委託契約で働くメリット・デメリット

業務委託として働くメリットとデメリットはなんでしょう?
それぞれを見ていきたいと思います。

業務委託で働くヨガインストラクターのメリット

フリーランスで業務委託を受ける働き方の場合、レッスン数を確保できれば、社員として働くよりも自由な時間が多く取れる事が多くなります。
1日2レッスンの契約の場合、午後に2レッスンをまとめて受け持てば、午前はまるまる自分の時間として使うことができるのです。

ちょっと稀な例ですが、会社が副業を認めてくれているなら、9時から17時はOLとして働き、夜に1レッスン、フリーのヨガインストラクターとして業務委託を受ける、という働き方も可能になります。

また、人気インストラクターになれれば、交渉して単価を上げることもできるようになり、少ないレッスン数だけど単価が高いから結果的に正社員で働くよりも収入が増えるということもあります。

ヨガインストラクターが業務委託で働くデメリット

業務委託で働く場合、経験がものをいいます。
基礎知識ももちろん必要ですが、指導経験なしでフリーランスのヨガインストラクターになるのは難しく、募集要項にも「●年以上の指導経験」と記載されているところを多く見かけます。

そして、先ほども少し触れましたが、収入が安定しないことは最大のデメリットといえるでしょう。
人気ヨガインストラクターになるまでは、1レッスンの単価は3,000円前後です。
一つのスタジオでたくさんのレッスンを受け持つことはできないので、スタジオを掛け持ちすることになります。
それから体力的にもきついです。

私の友人が働いているアミーダさんでも、業務委託での募集をしています。

自分の実力次第でいくらでも知名度アップや年収アップ、有名人になってタレント的な活動など、夢を見られるのがフリーランスのヨガインストラクターの良いところです。
年収もしっかり働けばそれに従って右肩上がりになるものなので、フリーになって業務委託契約という形は私にはとても合った働き方だと思っています。

しかし、実力がつくまでは正社員で働いて知識・経験を積むことが賢明です。