家事のやる気でない原因は?40代主婦、家事がこなせない時の解決方法まとめ

40代やる気がでない原因は?家事がこなせない時の解決方法まとめ!

40代に突入してからやる気がでないと悩んでいる人も多いと思います。
今まで感じなかった倦怠感を感じるようになり、掃除や洗濯、料理、買い物など家事がこなせない日も増えているのではないでしょうか。

40代は30代よりもホルモンバランスが乱れやすく無気力が続きやすいもの。
一日何をするにも億劫に感じてしまうのも仕方ありません。

今回のブログではやる気がでない時、家事がこなせない時の原因や解決方法を紹介します。
40代で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

40代やる気がでない原因とは?

40代やる気がでない原因は?家事がこなせない時の解決方法まとめ!

やる気の低下にはホルモンバランスの乱れをはじめ、いくつかの原因が考えられます。
ここでその原因について詳しくみていきましょう。

更年期によるホルモンバランスの乱れ

40代のやる気がでない原因として最も考えられるのが「更年期」です。
更年期は一般的に45歳~55歳で迎え、ホルモンバランスの乱れから「疲れやすい」「気分がすっきりしない」といった心身トラブルを引き起こします。
この更年期による疲れは「更年期疲労」とも呼ばれています。

また、40代前半でも更年期に備えて「プレ更年期」が始まる人もいます。
更年期ほどではありませんがプレ更年期もやる気がでないという症状を発症しやすいため注意が必要です。

更年期セルフチェック

▢顔がほてる
▢汗をかきやすい
▢手足が冷える
▢息切れ・動悸がする
▢怒りやすい
▢寝つきが悪い
▢頭痛・めまいがよくある
▢神経質

精神的に疲れている

30代に比べ40代は悩み事が深刻になりやすいです。
子供の将来や親の介護、預貯金、ローンのことなど生活の中で抱える悩みがより具体化して精神的に疲れやすい状況に直面しやすくなります。
精神的疲労は無気力に繋がりやすいもの。酷くなるとうつ病といった大きな病を引き起こす可能性があるので、時には何も考えないという時間を大切にしましょう。

体力の低下

40代になってから家事の疲れをドッと感じるようになったという人もいると思います。
これは体力の低下が原因かもしれません。
年齢を重ねるごとに体力が低下していくのは筋肉を構成している繊維の数が減少しているから。
体力がないと体を動かすのが億劫になりますよね。
その結果、やる気が起きず家事をこなすのが難しくなってしまうのです。

やるべき家事の量が多い

普段当たり前にこなしている家事ですが、どのくらいの種類があるか数えてみると意外と量があるものです。
また、食事の献立を考えることや洗い終えた食器を片付けるなど「名前のない家事」と呼ばれる小さな作業も積み重なると大きな負担となります。
全て一人でこなすのは難しい上に考えただけでやる気を失ってしまいます。
1度、家事の量を家族で見直してみるのもおすすめです。

40代やる気がでない。家事をこなせない時の解決方法

40代やる気がでない原因は?家事がこなせない時の解決方法まとめ!

原因についてお話したところで、ここからはやる気が起きず家事をこなせない時の解決方法について紹介します。
すぐに実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは「5分だけ」行う

まずは「5分だけ」と時間を決めてから始めてみましょう。
最初は5分だけやればいいと思っていても一度動きだすと途中からやる気がでて、いつの間にか家事が終わっていることもあります。
好きな音楽1曲分だけとタイマー代わりに音楽を流すのもおすすめです。

やりたい家事をリストアップ

やる気が起きない時、何から始めればいいか分からなくなる時があります。
そんな時はその日にやりたい家事を細かくリストアップしてみましょう。
リスト化することで頭の中が整理され行動に移しやすくなります。
リストアップするときは見えない家事もしっかり記入してくださいね。

好きな家事から始めてみる

それぞれ好きな家事、嫌いな家事があると思いますが、好きな家事から始めると気分が乗り徐々にやる気も上がりやすくなります。
簡単な家事から始めるのも効果的な方法です。
また、その日の気分によって最初にやる家事を決めるのも良いと思います。
1つ終えればそれだけで達成感を得られるので意欲もわいてきますよ。

全ての家事に完璧を求めない

家事には「これで終了」という明確な基準がなく完璧を目指して時間をかけ過ぎてしまうことがあります。
全ての家事を完璧にこなすことはそう簡単なことではありません。毎日完璧を求めているとやる気も低下してしまいます。
大切なのは完璧を求めないで無理をしないこと。
毎日しなくてもいい家事を決めて、時には抱え込んだ家事を手放すことも大切です。

スポンサーリンク

40代やる気がでない時は「溶岩ホットヨガ」も効果的

40代やる気がでない原因は?家事がこなせない時の解決方法まとめ!

やる気がでず、家事がこなせない日々が続いた時は1度ヨガでリフレッシュしてみるのもおすすめです。
ヨガの呼吸法は自律神経のバランスを整えるほか、ゆったりとした運動ながらもしっかり汗をかけるのでリフレッシュ効果が期待できます。

また、ヨガの中でも40代の方におすすめなのが「溶岩ホットヨガ」です。
通常のホットヨガは空調温度の調整を暖房や加湿器で行いますが、溶岩ホットヨガの場合、天然溶岩石の遠赤外線でスタジオ内を温めるため自然の熱による温かさを感じることができます。
そのため呼吸がしやすく、久しぶりに体を動かす方でもリラックスした状態でできます。

実際に溶岩ホットヨガスタジオ「アミーダ」に通っている人の評判を見ると、「心身共にメンテナンスできるようになった」という声が寄せられていました。

アミーダのヨガレッスンに参加した日は、一日幸せな気分で過ごすことができます。アミーダに通うことで、自然と心と身体のメンテナンスが出来る様になりました。この時間が、私の生活で唯一自分に集中できて身体の良い状態を保てる場所です。(40代女性/主婦)

引用元:アミーダ

家以外にリラックスできる場所があると気持ちが一度リセットされやる気が起きやすくなると思います。
気持ちの低下から家事がこなせない日々が続いているという方は、ぜひ一度溶岩ホットヨガを体験してみてください。

ちなみに、アミーダでは秋の特別入会キャンペーンとして500円(税込)で体験ができるので「まずは体験してみたい!」という方はおすすめです。

40代やる気がでない時にやらない方がいいこと

40代やる気がでない原因は?家事がこなせない時の解決方法まとめ

やる気がでないからと以下のことをしてしまうと逆効果です。
ついつい、やりがちなことばかりですがさらにやる気をなくしてしまうので注意しましょう。

外出せずに引きこもる

やる気がでない時に無理動く必要はありませんが、何もしない状態を延々と続けるのはNGです。
家に引きこもるとやる気がでない状態を助長させてしまいます。
外の刺激を受けたくない気持ちも分かりますが、長時間引きこもっているとうつや自律神経失調症にもなる可能性があります。

30分だけ散歩に出かけてみたり、カフェにコーヒーを買いに行くだけなど少しでも良いので外出を心がけましょう。

暴飲暴食

やる気がでないからといって気分を上げるために甘いものやお酒で気を紛らわそうとするのは健康に悪影響を及ぼすことがあります。
とくに糖分の摂りすぎはやる気をだすためのドーパミンの分泌が減少すると言われています。

やる気がないとつい甘いもの・お酒に手を出して現実逃避をしたくなりますが逆効果となるので過度な摂取には注意して適度に召し上がってくださいね。

SNSを見る

やる気がある時であればSNSで友人の楽しそうな姿や充実している日々を見ても「自分も頑張ろう」と前向きな気持ちでいれますが、やる気が出ない時に見てしまうと友人と自分を比べてしまい嫉妬心からやる気を低下させてしまう可能性があります。

暇つぶしと思ってつい見てしまうSNSですがやる気がでない時は極力見るのを控えましょう。
もし見るとするなら趣味や好きなことの投稿を中心に見るようにしてくださいね。

スポンサーリンク

40代やる気がでない時におすすめの食事メニュー

やる気がでない時は食生活でケアすることも効果的です。
「〇〇さえ食べていればいい」というよりもバランスの良い食事を摂る方が重要。
主食:副菜:主菜=3:2:1が理想の食事バランスです。

40代の方におすすめしたいメニューは「和食」。
なるべく1日1、2回は魚料理を取り入れ、野菜を使った副菜の小鉢を加えるとバランスが良くなります。
デザートには皮ごと食べられるフルーツ(りんごやブルーベリーなど)を食べて、飲み物には牛乳などの乳製品を組み合わせるとさらにバランスが良くなります。

また、更年期で悩んでいる方は大豆食品を積極的に取り入れてみましょう。
大豆には女性ホルモンとよく似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。
朝起きて「今日はやる気がでないな~」と思ったら朝食に納豆を食べてやる気を高めることもおすすめです。

40代家事がこなせない時は良質な睡眠で一休みしよう

40代やる気がでない原因は?家事がこなせない時の解決方法まとめ

睡眠不足は女性ホルモンの分泌を抑制する原因の一つです。
ホルモンバランスの乱れは家事がこなせないことに繋がります。
やる気がでない日が続いたら良質な睡眠をとって一旦リセットしてみましょう。

良質な睡眠をとるためには時間が大切です。
寝始めの3時間が重要でこの時間帯は天然美容液とも言われるほどホルモンの分泌が活発になります。
質の良い3時間にするためにお風呂はシャワーで済ますのではなくしっかり湯船につかり、スマホやパソコンは寝る2時間前に手放し、着心地のいいパジャマに着替えてから眠りにつくようにしてみてください。

翌朝いつもより目覚めがよく朝からやる気がみなぎってくると思います。

朝目覚めたら日光を浴びてやる気アップ

日光を浴びるとセロトニン、別名「幸せホルモン」という物質が分泌されます。
セロトニンは脳を活発に働かせるために欠かせない脳内物質の一つで、生成することでやる気の向上に繋がります。

日光を浴びるタイミングは起床直後から30分以内。
浴びれば浴びるほどセロトニンが増えるというわけではなく1日15分を意識してみてください。
※日光の浴びすぎは紫外線の影響によりシミの原因となります。

セロトニンはとくにストレスに対して効能があるので精神的疲労から家事のやる気がでないという方は日光浴を毎日の習慣にしてみてくださいね。

40代やる気がでない、家事がこなせない時は無理せずゆっくり休んで

今回は40代の「やる気がでない」「家事がこなせない」原因と解決方法についてお話しました。
いかかでしたか?悩みの解決になりましたでしょうか?

「若い頃は大丈夫だったのに・・・。」とつい昔の自分と比較してしまいますが、年齢を重ねると体や心が思い通りにいかないことは仕方のないことです。
あまり自分を責めすぎないでくださいね。無理せずゆっくり休むことも大切です。

また、今回ご紹介した原因はあくまでも一例で症状や原因は個人によって異なります。
最近は不定愁訴(ふていしゅうそ)といった頭痛やむくみ、便秘、イライラなど原因がはっきりしない症状を抱えた人も多くいます。

そういった症状を発症した場合も家事がこなせないことがあります。
不定愁訴も先ほど紹介した溶岩ホットヨガが効果的なのでリラックス法の一つとして取り入れてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期からバレエを習い、学生時代にはダンスサークルに所属していた私は、常に身体を動かすことが大好きでした。大学卒業後は大手企業に就職し、営業職として働き始めましたが、忙しい日々の中でストレスが溜まり、体調を崩すことが多くなりました。 そんな時に出会ったのがホットヨガでした。ヨガを通じて、心と体のバランスを取り戻し、ストレスを解消することができると実感し、次第にヨガの魅力に引き込まれていきました。3年間勤めた会社を辞め、ヨガインストラクターの道を歩むことを決意しました。 スタジオで正社員として経験を積んだ後、30歳という節目にフリーランスとして独立することを選びました。 リラックスした雰囲気の中で身体を動かし、呼吸を整えることを大切にしながら、一人ひとりのニーズに合わせた指導を行っています。また、ヨガ哲学やマインドフルネスの要素を取り入れ、内面からの健康をサポートすることを目指しています。