ヨガインストラクターが転職を考える8つのきっかけ!大手スタジオのクチコミ・採用情報

ヨガインストラクター転職

ヨガインストラクターというと、どこか華やかな世界のイメージがありますよね。
でも実は、一見華やかなインストラクターの世界は、毎日の努力や精神力によって作られています。
私自身、ヨガインストラクターという立場から、ヨガインストラクターに憧れ晴れてインストラクターになることができたのにもかかわらず、転職の道を選ぶヨガインストラクター達も数多く見てきました。

そこで今回は、ヨガインストラクターが転職を考える代表的な8つのきっかけと、ヨガインストラクターのクチコミ・インストラクター採用のある大手ヨガスタジオについて書いていきたいと思います。

目次

ヨガインストラクターは離職率が高い?転職するきっかけは?

ヨガインストラクターには趣味が高じてなる人も多く、好きを仕事にするのだから離職率は低いのでは?と思われがちです。
しかし、実際はそんなことはなく、逆に離職率が高い職業と言われています。

スタイル抜群で生き生きとレッスンをおこなうヨガインストラクターを見ていると、転職したいと思っているインストラクターがいるとはにわかに信じられない話かもしれませんが、実際のヨガインストラクターはたくさんの不安を抱えている人が多いようです。

先述したとおり、ヨガインストラクターが転職を考えるきっかけとして、インストラクターとしての限界や将来の不安を感じることがあげられます。

友人のヨガインストラクターから転職についての悩みを聞く機会などもありますが、同じインストラクターとして、わたし自身も体調を崩した際や将来産休・育休となった場合の処遇、職務内容、収入や待遇など不安を感じることが多々あります。

この中にはわたしたちと同じ様に、ヨガインストラクターとして実績と積むと共に、不安や悩みも重なり転職を考えた事がある方は多いかと思います。
では、具体的に、ヨガインストラクターが転職を考えるのはどんな時なのでしょうか。
代表的な8つのきっかけについて考えてみました。

転職を考えるきっかけ① 美容健康に良い筈のホットヨガで肌も身体もぼろぼろに

ヨガインストラクターが転職を考えるときは、まず、自分の身体に限界を感じたことがあげられるのではないでしょうか。
美容健康にいいはずのホットヨガで逆にぼろぼろになってしまうのは、なんとも皮肉な話です。

特に、たっぷり汗をかくことで人気を集めているホットヨガは、室温39度前後、湿度60%前後に
エアコンなどの空調機で人工的に室温を上げた特殊な環境の中でおこないます。
普段運動することも少なく、汗を流すこともないという人にとってはおすすめなホットヨガですが、1日に何本もレッスンでその環境下におかれるヨガインストラクターにとっては違います。
ホットヨガを経験された方は、あの独特な息苦しさが分かると思います。

ホットヨガの時に流れ出る汗は、デトックスされた老廃物などではなく、
上がりすぎた体温を下げるために汗腺から汗を出し身体を冷やそうとしているのです。
暑い日に外に出ると汗をかきますよね。それと同じです。
特に今年の夏は暑かったので汗だらだらでした。ホットヨガってこの異常な暑さの中で
ヨガをやっているのと変わらないのです。

汗によってミネラルがどんどん流れ出てしまうので、肌が乾燥しやすくなったり、
やりすぎることによって脱水しやすくなります。

ホットヨガはヨガに慣れている上級者のお客様にも1日2本までしかおススメしていません。
それだけ身体への負担が大きいのです。
ホットヨガのレッスンが多いと疲労の蓄積も相当なもので、身体の限界を感じて転職をするヨガインストラクターは少なくありません。

私が知っているヨガスタジオの中でハッキリと、ヨガインストラクターの1日のレッスン数を明示しているのはAMI-IDA(アミーダ)ですが、それによると1日のレッスン数を45分×2本と定められているようです。

45分を2本でしたら、無理なくスケジュールをこなせそうですよね。
利益追求のあまりインストラクターに過酷な環境を強いるヨガスタジオも多い中、ヨガインストラクターの身体のことを第一に考えてくれるAM-IDAは貴重なヨガスタジオだという印象を受けました。

転職を考えるきっかけ② 生理中のヨガ指導は貧血が日常茶飯事でツライ

女性ならではのお悩みと言ってもいい、生理中のヨガ指導。
生理中は座っておこなう仕事でも大変な人が多いと思いますが、ヨガインストラクターの職業についている女性の場合、それこそ死活問題となり得ます。
生理中のレッスンの辛さを理由に転職を考えるヨガインストラクターは、けして少なくありません。

レッスンを受ける側であればお休みできるレッスンですが、提供する側のインストラクターが休むわけにはいけないため身体に鞭を打ってレッスンを行った結果、体調を壊してしまうインストラクターも多々います。
とはいえ生理は病気でもないですし、風邪みたいに自己管理で何とかなる問題じゃないですよね。

環境の良いスタジオだと、生理や体調不良の時などは、ヨガインストラクター同士でうまく協力し調整することも出来ます。ホットヨガのレッスンに3本4本も入らざるを得ないヨガスタジオでは、貧血になるインストラクターも多く、レッスンが終わったと同時に倒れ込んでしまったインストラクターもいるほど過酷です。
美と健康の為に行うヨガのはずなのに命懸けのヨガになっては元も子もありませんよね。
重い生理痛を抱えるヨガインストラクターは毎月生理が来るたびに転職を考える、という話もよく聞きます。

転職を考えるきっかけ③ 残業が多すぎて休む暇がない

ヨガインストラクターをしていると、週に数回は朝帰りということも珍しくありません。
帰ろうにも、とにかく残業が多すぎて帰れないのです。

ヨガスタジオは遅くまで営業しているのが普通です。
中には22時頃までレッスンがあるヨガスタジオも!
平日は特にお仕事帰りのお客様や、早めの夕食の用意をした後にいらっしゃるお客様も多いので、
そのような遅い時間のレッスン需要が多い結果、遅い時間のレッスンも普通に行われるようになったというわけです。
そして、レッスンが終わったからと言ってすぐに片づけに入れるわけではありません。
お客様がシャワーを浴び一呼吸置いてお帰りになられてから、お掃除、片付け、
顧客管理、翌日の準備などなどなど・・・。
やることは山盛りで、それを終えたころには日付をまたいでいたなんてことがざらにあります。

こうして残業が続いた後に次の日早番だったりすると、身体を休める暇がほとんどなく、
その過酷さに転職を決意するインストラクターは少なくありません。

LAVA転職残業に関するクチコミ

帰宅して寝て起きて仕事に行って帰宅して寝る。この生活の繰り返しです。休日は寝込みます。

出典「VORKERS
想像しただけで疲れ切ってる様子が伝わりますね。
家と仕事の往復。休日は疲れ切って動けず寝込む。
なんだか、悲しい気分になります。
何してるんだろ・・・と考え自分の人生を生きるために転職したくなりますね。

CALDO転職残業に関するクチコミ


出典「転職会議

【良い点】
風通しがよく、自分のやりたい事を発信できる。新しいことに挑戦できる。仕事にやりが
いを感じられる。働いてる人が温かい。
【気になること・改善した方がいい点】
土台が安定していないので、不安な気持ちで仕事をする。人員不足の為、無理な仕事量を
抱えてします。ただ新店舗が続々とオープンしてしますような状況。遅番のときは帰りが
終電で、次の日が早番だと体力的に厳しい。

先が見えないですよね。
不安な気持ちで仕事をしないとならないなんて、先が見えずに会社に対して不信感が芽生え
転職を考えるようになってしまうのも無理ないと思います。

AMI-IDA(アミーダ)は残業が少ないというクチコミもありました


出典「VORKERS

会社の方針として残業をなくそうとしているので、長時間の残業はなく、プライベートの予定もいれられる。
月平均10時間くらいには収まっている。シフト制なので、閉店までのシフトのときは夜は遅くなってしまう
が、そのシフトも崩れることも基本的にはないので、予定が立てやすい。スタッフが急遽休んでしまったり、
辞めたりする地、その月の公休をとれないということもあったが、別の月に振り替えて取得することができる
ので制度は整っていると思う。

こちらはアミーダですが、珍しく明るいクチコミですね!
残業残業のヨガインストラクター業界では、残業が平均10時間以内は少なく、
かなり貴重です。
閉店までのシフトの場合は仕事量が多いから遅くなりがちではあるものの、
忙しくて休みが取れなくても、翌月に振替えとして取得できるなら、頑張ろう!と思えますよね。

転職を考えるきっかけ④ 休みが研修や勉強会でつぶれ休めない現実

レッスンは過酷で残業も多いヨガインストラクターにとって、休みは必要不可欠。
普段の業務が忙しいからこそせめて休みはしっかり取得したいところですが、せっかくの休みが勉強会や会議で
潰れてしまうこともしばしばあります。

通常の企業であれば、休日出勤の代替として振替え休日を取得できるのですが、
慢性的にヨガインストラクター不足のスタジオだと、振休をとろうとしてもそうもいかないのが現実です。

そうなると結局ヨガインストラクターという仕事に限界を感じて転職をする人も出てくるので、
さらに人手不足になり、転職者がさらに増えるという悪循環に陥ります。
せめて休みだけはきちんと取得できるようにしてもらいたいものですが、なかなか難しいものです。

LAVA転職休みに関するクチコミ


出典「VORKERS

休日は少ないです。背間の休みの日に休めないのはもちろんのこと、仕事柄、連休が取りづらいです。配属先の決定に通勤時間を考慮してもらえません。遠い店舗に配属されると、毎日が仕事だけです。

ヨガインストラクターは接客業ですので、世間一般が休みのの土日祝日は稼ぎ時。
こういった日に休めないのはある程度仕方のないことだと思います。
が、うまく店舗で相談しあって取得出来たらいいですよね。
通勤時間が考慮されないのは辛いですよね。
私なら通勤1時間を越える時点で、考慮してくれる会社に転職しようと思います!

転職を考えるきっかけ⑤ 手取りが安くヨガインストラクターだけでは生活できない

ヨガインストラクターは働き方次第で収入、生活の安定が違います。

たとえばフリーランスで活動している人は、東京都を例にすると1本3,500円~10,000円。平均として4,000円くらいでしょうか。
仕事の受け方としては、自分で仕事を探し、面接とオーディションを受けお仕事をもらうというのが流れのようです。
しかしながら、フリーランスで月に200,000円以上稼ぐのは、カリスマ的な地位を確立しているヨガインストラクター以外だとなかなか難しいのが現状です。

そういうわけで、ヨガインストラクターとして働くなら私は収入が不安定なフリーランスよりも生活の安定を得られる正社員をおススメしますが、会社によってお給料、待遇制度も違うので、応募する前によく確認しておいた方が良いでしょう。
たとえばヨガ業界大手のLAVAですと、施設費・教材費としてお給料から毎月15,000円引かれます。実際の手取りが120,000円前後になるため生活が出来ず、せっかく入社しても転職してしまう人が後を絶たない様です。

また、ここ数年空前のヨガブームと言われていますが、経営がうまくいってない会社もあり
お給料の支払いが遅れているところもあるそうです。
そうなった場合は、すぐに見切りをつけて転職するのも一つの手です。

LAVA転職給料に関するクチコミ


出典「VORKERS

入社から本採用までは手取りで12万なうえにそろえるものが多く金銭面でかなりきつかったです。女性が多いので揉めごとが多いです。職歴、キャリアでの上下関係がなく年齢での上下関係なのでいつまで経っても仕事を押しつけられます。さらに連勤が続いたり14時間勤務になることもありました。。10代から入ると歳下だからと全て都合よく使われます。逆に30代から入ると最初から上の立ち場になりサボったりしない人が多いです。
ストレスから体調を崩してしまいなるべく早く違う会社に転職をしようと思いました。

まるで角界みたいですね・・・。
未だに年功序列を使っている会社が多いとは、時代遅れも良いところです。

ヨガインストラクターに限らず、女性が多い職場あるあるだと思いますが、
同性同士の揉め事ほど醜いものはないですよね。
女性だけの職場だとしても、皆仲良く和気あいあいとしている職場で働きたいものです。
なるべく早く違う会社に転職しようと決意した投稿者さんは正解だと思います。

新卒入社一年目、本採用までは長くて3.4ヶ月は手取り12~13万で働くことになる。
また勤続給とかあるが2年目はまず上がらない。

出典「VORKERS
手取り12~13万って、都内だと家賃・光熱費とスマホ代を支払ったら使えるお金ほとんど無くなりますよね。
ヨガインストラクターのお仕事は、会社によって環境・お給料が違うので、もっと条件の良い会社が
あるはずなので、生活できるだけの収入が得られる会社への転職をおススメしたくなります!!

転職を考えるきっかけ⑥ ノルマが辛くヨガが嫌いになり転職を考えるようになった

ヨガインストラクターの仕事はレッスンをするだけではありません。
ヨガや美容に関する商品をお客様にお薦めして販売する、販促業務も仕事の一つです。
販促業務で課せられるノルマに悩まされた結果、大好きだったはずのヨガが嫌いになり転職を考える人も多いようです。
ヨガが好きでインストラクターの仕事に就いたのに、なんとも悲しい話ですね…。

ヨガスタジオで販売している商品は、もちろんご紹介をして興味を持ち購入してくださるお客様はいらっしゃるものの、それだけでは売り上げ目標に達しないので個人個人にノルマを課すヨガスタジオが多いのが現状。
そのため、売上成果を確認する月末になるのに恐怖を感じてしまい、転職を考えるヨガインストラクターは数多くいます。

 

LAVA転職ノルマに関するクチコミ


出典「VORKERS

ヨガをしたかったのに、蓋をあければサプリだのドリンクだの健康食品を会員に勧誘し販売する方が業務の割合的に多かったから。
バックヤードは売り上げの目標をかかげ、ヨガのことは微塵もなかったので働いていて矛盾が多くなるばかりでうんざりでした。
販売の方法や方針は店舗の担当者によって異なるので、ラバのすべてを否定するわけでは無いのですがもう2度と
こんな所には戻りたくないですし、ヨガも嫌いになりました。

勧誘業務の方が本業のインストラクターの仕事より多い…これは、嫌ですね。
転職したいと思っても仕方のない状況ですね。
大好きなヨガが嫌いになるなんて、よほど環境が悪かったのでしょうね。
確かにどこのヨガスタジオでも、基本的に物品販売は目標数字が設定されています。
けれど会社によって、「目安」としての数字なのか、達成必達のノルマ的数字なのかは異なります。
中にはノルマではなく目安として設定しているだけの会社もあるので、
転職の際はそういう会社を選ぶようにしたら良いと思います。
せっかく好きを仕事にできたのに、ヨガを嫌いになるなんて悲しすぎますからね。


出典「VORKERS

入社後から月経不順に悩み、妊活を始めた時に辞める必要性を感じたため。私の場合は辞めなければ妊娠することは難しかったと産後の今でと思います。
あとは、私自身商品の押し売り的なことが苦手で、明らかに嫌がっているお客様に対して上司から言い方を変えてアプローチしてと言われたときは疲れました。
また、ヨガが好きではなくヨガをしている自分を見てほしい、こんなにできる私を見て!というインストラクターが増え、バックヤードではヨガが嫌いと言っているのにそういう人が評価されていたため。
自分が評価されるされないとかではなく、純粋にヨガが好きだったため、ヨガが嫌いなヨガインストラクターのいるスタジオって何だろう・・・と疑問を感じました。

ヨガインストラクターは本来、お客様が安全にヨガを行える様にエスコートすることがお仕事です。
明らかに嫌がっているお客様に商品を押し売りを強要させられる、私を見て!と自己肯定欲の強いインストラクターがが評価される職場なんて私も嫌です。他へ転職を考えて正解です。

LUBIE転職ノルマに関するクチコミ


出典「VORKERS

会社のオーナー以外は役職者もインストラクター。店長クラスはほぼ休み無しで働き、売り上げ目標が高く設定されているので、月末は売り上げのことしか考えていない。オーナーが権力を握っているが、古風な考えが多く、バブル的な考えが多い。
キャンペーンや商品も見切り発車で進めることが多いので、途中でルールが頻繁に変わる。
スタッフはほとんどがアルバイトで働いているが、正社員との違いは時給か月給か、社外保険の有無のみ。

経営を続けるには売り上げは非常に大切な要素です。
でも、売り上げのことしか頭にない会社というのは、雰囲気でヨガインストラクターにも
伝わりますし、お店の雰囲気も悪くなりお客様にも伝わってしまします。
雰囲気の悪いところにいたら気持ちも荒んでしまいますし、転職したくなりますよね。

転職を考えたきっかけ⑦ スタイルや容姿を常に磨く必要がある

ヨガインストラクターになって思ったのは、周りにはまるでモデルかと思う程のスタイルの良いインストラクターばかり。
実際、モデルから転身してヨガインストラクターになった人もいるほど、ヨガスタジオには美意識が高く、抜群のスタイルを持つ人が多く働いています。

実際、ヨガを習いに来る人の多くはダイエット目的で来るため、インストラクターの体型は通う人の目標となりやすいのです。
そのため、インストラクターの体型が悪いとそのヨガスタジオに通ってもダイエット効果はないと思われてしまい、集客へ大きく影響することが考えられます。

だからこそ、常にスタイルや容姿を磨き、綺麗でいつづける為の努力を重ねることに疲れ、転職を選ぶ人も多いのだとか。
せっかく憧れのヨガインストラクターになれたはずなのに、重圧に耐えかねて転職を選んでしまうのは、切ないですね。

転職を考えたきっかけ⑧ 自分の受け持つレッスンの希望者が少なく収入が上がらない

ヨガインストラクターの手取りが安いことについては上でお話しましたが、インストラクターはただ生徒にヨガを教えればいいというわけではありません。

せっかくお金を出してヨガを習うなら、ヨガの知識が豊富で親身に自分に合ったヨガを教えてくれる先生の下でヨガレッスンを受けたいと思うのは当然のことですよね。

スタジオに通う生徒達は、ヨガの内容だけでなく、講師を務めるインストラクターの技術が高いかどうか、教え方が上手いか、親身になってくれるかなど、さまざまな要素を他のインストラクターと比較した上で受けるレッスンを決定します。
そのため、人気があるインストラクターの元に生徒が集まりがちで、人気がないインストラクターはいつまでも収入が上がらないということも日常茶飯事。

レッスンに多く参加してもらうためヨガの技術を上げようにも、上級のスクールやワークショップに通うのはお金がかかり、少ない給料ではとても通うことができません。
せっかく憧れの仕事についたのに、少ない収入でこれ以上インストラクターを続けていくことが難しいと考え、転職をせざるを得ないのは悲しいことですよね。

ヨガインストラクターの転職を考えてみて思った事

いかがでしたか?気づけば私自身がヨガインストラクターになってぶち当たってきた
壁ばかりになってしまいました(笑)

私も以前のOLからヨガに出会いインストラクターへ転職をしましたが、
憧れていたヨガの世界の現実にぶつかってしまい、本当にこれで良かったのかと悩んだ時期もありました。

やはり体調を崩したりすると暗い気持ちになり、将来の事を考えるととても苦しかった時期です。

ヨガインストラクターの転職を思いとどまる

憧れていたヨガインストラクターですが、現実はやはり違いましたね(笑)
今思うととても甘かったと思います。

ヨガインストラクターからの転職を考え、いつ辞表を出そうかと悩んでた時期もありますが、
ヨガインストラクターからの転職をしなかったのは、レッスンを通して出会った大切なお客様たちでした。

毎日忙しく様々な悩みと壁にぶつかる日々が続き、体調も崩し気分が沈んでしまった事もありましたが、
レッスンを通しお客様と交流する日を繰り返している内に皆さまの笑顔やレッスン後の交流で元気をいただき、もう少し続けてみようかなと思い続けて、現在に至ります(笑)

大切なお客様との出会いのきっかけとなったヨガインストラクターを転職せず、まずは自分の環境を見直し現在のフリーヨガインストラクターとなり、レッスンを続けています!
ヨガインストラクターから転職を考えている方は、まず自身の環境を見直し、今までの経験を活かし、ヨガインストラクターとしてより良い環境の職場へ新たに転職するのも良いのではないでしょうか。

ヨガインストラクターを採用しているスタジオ7選

今現在ヨガインストラクターを募集している大手スタジオを7つ選んでみました。

それぞれ会社によって働き方や環境、待遇が違うので
今とは違う会社でヨガインストラクターとして転職したい人や、
他の職種からヨガインストラクターになりたいとお考えの方は、是非参考にしてみてください。

AMI-IDA(アミーダ)転職情報

AMI-IDA(アミーダ)
・月給 210,000円~400,000円(固定残業代26.923円含む 超過別途支給)
3か月間試用期間187,000円

・勤務時間 8:00~22:30(シフト制)

・休日 年間110日週休2日(シフト制)

・採用プロセス 面接(ヨガ体験)→面接→内定→養成講座→採用店舗配属

店舗配属前に本社併設のヨガスタジオで「無料養成講座」を行います。
スクールに通う感覚でじっくり学べるのが良いですね。
AMI-IDA(アミーダ)は養成講座修了後が入社日になります。

LAVA(ラバ)転職情報

LAVA(ラバ)

・月給 202,000円~220,000円
試用期間中 180,000円

・勤務時間 7:00~23:00(シフト制)

・休日 週休2日(シフト制)

・採用プロセス 一次面接&実技(オーディション)→最終面接(役員面接)→内定→採用

研修費自己負担 施設費および教材費として1万5,000円/月引かれます

実質の手取りは120,000円程度になるため、生活がとても厳しくなるため辞めてしまう人も多いようです。

CALDO(カルド)転職情報

CALDO(カルド)

・給与 月給186,000円~350,000円

・勤務時間 9:00~23:00(シフト制)

・休日 週休2日制:8日休/月

・採用プロセス 書類選考→面接→内定→採用

LUBIE(ラビエ)転職情報

LUBIE(ラビエ)

・給与 月給186,000万円~350,000円

・勤務時間 9:00~23:00(シフト制)

・休日 週休2日制:8日休/月

・採用プロセス 書類選考→面接(1~2回)→内定→採用

LOIVE(ロイブ)転職情報

LOIVE(ロイブ)

・給与 216,000円~230,000円

・勤務時間 9:00~23:00(シフト制)

・休日 月7回(毎週月曜日定休日を含む)

・採用プロセス 面接→内定→採用

HOT40YOGA(エイチオーティーフォーティーヨガ)転職情報

HOT40YOGA(エイチオーティーフォーティーヨガ)

・給与 入社後3ヶ月間給与140,000円、基本給150,000円~(クラス手当含)その他手当あり

・勤務時間 平日9:00〜23:00、土日7:00〜13:00 週40時間でシフト制

・休日 週休2日、祝祭日、夏季休暇、年末年始、有給休暇、産前産後休暇、育児休暇

・待遇 福利厚生等 社員教育費割引制度
年に一度、一週間のプライベートリトリート研修
希望者は全米ヨガアライアンス200時間講師資格が取得可能(養成受講料は一般の半額150,000円、給与からの分割払いも可)。
取得後はクラス手当(1クラス500円~)を支給。

・採用プロセス Web上でエントリー後、担当者より折り返し→面接

Grazia(グラツィア)転職情報

Grazia(グラツィア)
※エステティシャン・美容業界経験者、エステティシャン資格取得者優遇

・給与 大卒:月給190,000円~350,000円、高卒・専門卒:月給180,000円~350,000円
インセンティブ有*経験・能力を考慮の上決定

・勤務時間 11時00分~20時30分(実働8時間)営業時間は店舗変動。

・休日 シフト制(月7日休み)、有休休暇、GW(4~5日)、夏季休日(5~6日)、冬季休日(8~10日)

・待遇 福利厚生等 社会保険・労災
資格制度(エステティック・ヨガスクール)
研修制度(ANA受講)
社員割引
社員旅行(グアム・韓国・台湾)
住宅手当
母子家庭、産休・育休制度(時短勤務)
バースディクーポン

・採用プロセス Web上でエントリー後、担当者より折り返し→面接

ヨガインストラクターが転職を考える8つのきっかけのまとめ

ヨガインストラクターが転職を考えるきっかけをご紹介しました。

インストラクターの人なら、あるある。と頷かれると思います。
けれど働く会社によって、ヨガインストラクターを取り巻く環境も違います。

私のオススメはAMI-IDA(アミーダ)です。
無料の養成講座が用意されていて、今後RYT200を取得できる様に社内制度を整備中とのことなので期待大です。
そしてなによりヨガレッスンを1日2本(45分×2)としている点です。
お客様だけでなく働くヨガインストラクターのことを大切に考えてくれているのが働きやすい会社だと思います。