黒ばら本舗 アロポアンピュアモイストクリーム評判と口コミ

私はハンドクリームやいわゆる保湿クリームを常備するのですが、なんかいいのないかなーと探していたところ、アロポアンピュアモイストクリームという商品に出会いました。この商品、株式会社黒ばら本舗さんという会社が製造販売している商品で色々評判が良い?みたいなので調べてみました。

黒ばら本舗について

株式会社黒ばら本舗さんはなんと対象12年創業の老舗化粧品会社さんです。
もとは「滝澤湧昇堂」という屋号で化粧品製造販売ならびに一般油脂販売業から始まっているそうです。
また驚きなのが昭和29年に全国初となる部屋ヘヤークリーム(液状)の製品化に成功し、昭和37年に現在の株式会社黒ばら本舗に社名変更となったそうです。
今当たり前にあるヘヤークリームの始まりはこの黒ばら本舗さんから始まっていたんですね。

公式サイトはコチラ

黒ばら本舗の沿革

大正12年(1923年)
関東大震災後の11月、創業者初代社長瀧澤直治郎(新潟県柿崎町出身)が当時の本所原庭町28番地に於いて化粧品製造、一般油脂類の販売を業として「瀧澤勇昇堂」を屋号として創業開始。
昭和5年(1930年)
油脂取扱部門を充実強化し、化粧品原料・石鹸原料等に販路を拡張。
特に、粉末石鹸の主要原料として主流を占めていた醤油副産油(醤油アブラ)を野田醤油株式会社(キッコーマン)の特約店の権利を取得、月々18リットル入り缶2,000~3,000缶を取扱い、活況を呈した。

昭和16年(1941年)
事業拡張に伴い法人化。「合資会社瀧澤勇昇堂」となる。 第二次世界大戦への道を進むにつれ、化粧品原料も戦時物資統制下に入り割り当て配給制へ。 化粧品原料である植物油原料が減少する我が国において、当時の業界団体「日本化粧品工業統制組合」に加盟する各メーカーに向け、植物油全量の割当配給業務を弊社が代行。 その一方で、弊社従業員も順次徴兵動員される。

昭和20年(1945年)
東京大空襲により、3ケ所の倉庫・工場及び本社社屋が全焼失。無尽に帰す。
終戦を機として、動員された従業員も帰還が始まる。

昭和21年(1946年)
敗戦による極端な原料不足の折の中、
油脂・原料等を取扱っていたルートからの供給を得て生産も徐々に向上、
販路も全国的に拡大。

昭和24年(1949年)
合資会社を株式会社瀧澤勇昇堂に組織及び名称改組。

昭和27年(1952年)
「東信用組合」を設立。社長瀧澤直治郎が初代理事長に就任(昭和49年4月退任)。

昭和28年(1953年)
「ネオポアン」ヘアクリームを開発、業界に先駆けて新発売。

昭和31年(1956年)
化粧品部門強化のため、「株式会社瀧澤勇昇堂」を「株式会社うた椿」に社名改称。

昭和37年(1962年)
油脂部門を分割、「有限会社黒ばら油脂」を設立。更に、増資を機に
「株式会社黒ばら本舗」に社名変更、化粧品専業へ。

昭和39年(1964年)
我が国初のデオドラント「レッグフレッシュ」を開発、医薬部外品として発売。

昭和43年(1968年)
4月:社長瀧澤直治郎、勲5等雙光旭日章授与。

昭和49年(1974年)
4月:瀧澤直治郎が社長退任、会長に就任。
同時に瀧澤亮一が代表取締役社長に就任。

昭和53年(1978年)
10月:社長瀧澤亮一、東京都知事より薬事関係発展に寄与した功績により、
感謝状授与。

昭和58年(1983年)
2月:こめぬか成分を配合した基礎化粧品「みはだ」ラインを発売し、スキンケア部門に参入。

昭和59年(1984年)
10月:保険衛生に寄与した功績により、東京都知事より功労章授与。

昭和60年(1985年)
10月:薬事衛生における業務精巧により、厚生大臣より表彰状授与。

平成10年(1998年)
3月:滝澤亮一が社長退任し会長に就任。同時に滝澤芳子が代表取締役社長に就任。

平成11年(1999年)
7月:埼玉県羽生市羽生小松工業団地に倉庫建設。

平成15年(2003年)
「純椿油」ツバキオイルシリーズ発売(4アイテム)。

平成17年(2005年)
資本金3,500万円に増資。

平成20年(2008年)
墨田区本所に第二工場を完成。

平成25年(2013年)
11月:創業90周年を迎える。

平成28年(2016年)
純椿油と椿オイルシリーズで、「すみだモダン」認証。

公式サイトより引用

とまぁ、めちゃくちゃ歴史の深い会社ってことがなんとなくわかりますね。
でも化粧品一本で信念をもって営業されてるのは素晴らしいことだと思います。

黒ばら本舗の純椿油、椿油とは

今までのストーリーを見てきてもわかるように、黒ばら本舗さんと言えば椿油。椿油と言えば黒ばら本舗さんということがわかりますね。
という事で、椿油について調べてみました。
椿油は食用、灯用、化粧用等と様々なシーンで使われていました。そのため、椿は古来より園芸だけでなく、重要な油用植物として扱われてきました。
それから江戸時代に時を移し、椿油は整髪料として巷に普及します。
つまり江戸時代から化粧品として使用されていたということがわかりますね。
椿油は髪と肌の乾燥を守るという事で、自然の力で身体全体に使用できるという万能植物ですね!

色々なシーンで活躍できます。

アロポアンピュアモイストクリームの効果、特徴

アロポアンピュアモイストクリームの効果

ここまでで黒ばら本舗さんで扱っている商品は自然の力を活かして、且つ歴史ある深い商品を扱っている事がわかりますね。
ここで売れ筋である商品「アロポアンピュアモイストクリーム」に注目してみました。
まずは商品の説明です。
「アロポアン ピュアモイストクリーム 」は、アロエエキスを配合した保湿クリームです。日やけによるお肌のトラブル・肌アレを防ぎ、皮膚にうるおいを与え、すこやかに保ちます。朝、夜適宜ご使用ください。男性のヒゲそり後のお手入れにもご使用ください。
使用方法
全身クリームです。肌によくのばしマッサージしてください。

ここまで見たら、普通のクリームと違いがあまりわからないですよね?
次に成分を調べてみました。

アロポアンピュアモイストクリームの成分

水、グリセリン、ステアリン酸、ミネラルオイル、セタノール、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル(SE)、ジメチコン、アロエベラ葉エキス、BG、セチル硫酸Na、グリチルリチン酸2K、BHT、メチルパラベン、プロピルパラベン、安息香酸Na、TEA、青1、黄4、香料

ちょっと素人ではいまいちピンとこないですね笑
それではネット上での評判や口コミを調べてみましょう!

アロポアンピュアモイストクリームの評判・口コミ

アロポアンピュアモイストクリームの評判・口コミ|@コスメ

まずはコスメ関連と言えば@コスメという事で、@コスメ内での評判、口コミを見てみましょう。

かなり長期利用の愛用者の方もいれば、美白効果がある!なんて口コミもありますね。
@コスメさんだけだと相当評判が多いみたいです。
なのでほかの評判も調べてみましょう。

アロポアンピュアモイストクリームの評判・口コミ|amazon

続いては、ネットショップ最大手のamazonでの口コミを調べてみました。

Amazonでの口コミも相当いいですね。ここの口コミでは全身に使えるし、やけどにも効くとあります。もはや万能薬に近いですね笑

アロポアンピュアモイストクリームの評判・口コミ|価格.com

ここまで来ると、悪い口コミも無いのかな?と思うのが人間心理という事で、
続いては価格.comの口コミ、評判も調べてみました。

やはり評価は良いみたいですね。

アロポアンピュアモイストクリームのまとめ

とにかく悪い評判はもとより、良い評判しかありませんでした。
という事で、百聞は一見に如かずという事でポチって見る事にしました。

今は簡単にECで商品を購入することが出来ますが、黒ばら本舗さんの社風としては実店舗での販売を大事にしているみたいです。
実際に店舗で商品を手に取って頂いて、ほかの商品と比較してぜひ愛用して欲しいとの思いが込められているみたいですね。

ECでの販売も、実店舗に足を運んで欲しいが故のネット販売という位置づけだそうです。

素晴らしいですよね、自社商品に対して自信と信念をもって製造販売している姿勢が見えますね。

今回は株式会社黒ばら本舗さんのアロポアンピュアモイストクリームについて調べてみましたが、ほかにも色々扱ってる商品が気になりますね。
美容女子としてはほっとけないので、今後も色んな商品を実際に使用して試してまた記事に出来たらと思います。