憂鬱な気分が続くアラフィフ世代の不安感は女性ホルモンの「ゆらぎ」が原因?

こんにちは。
ヨガクラスにいらっしゃる40代~50代のアラフィフの生徒様のなかに「ゆらぎ期」の症状で悩まれる方が一定数いらっしゃいます。
ゆらぎ期の症状は人それぞれ個人差があるため周囲の理解が得られないこともあり、相談しても「気にしすぎ」と片付けられてしまうことも。
そこで今回は、不安定で憂鬱な気分が続く「ゆらぎ」の時期をどのように過ごしたら良いのか、乗り越え方をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

気分が憂鬱?女性ホルモンのゆらぎと更年期症状について

ゆらぎ期とはどんな時期のこと?

ゆらぎ期という言葉はご存じですか?ゆらぎ期は閉経前後の10年間のことを言い、最近では更年期のことをゆらぎ期と呼ぶことがあります。
更年期は女性ホルモンのバランスが変わり、今までと違った身体の変化が起きる不安定な時期で、憂鬱な気分になり心身ともに疲れやすくなります。
日本人女性の閉経は平均年齢50歳で、実際に更年期が訪れるのは45~55歳のアラフィフ女性に多いと考えられています。

女性ホルモンのゆらぎ

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類があり、生理周期とともに分泌量が変化します。ゆらぎ期に大きく影響すると言われているのがエストロゲンで、このホルモンは思春期に入ると分泌が増えだし、妊娠出産の適齢期だとされる20~30代をピークに、40代半ば~50代半ばにかけて急激に減少していきます。
このエストロゲンが減少する時期を更年期といい、この時期のエストロゲンは大きくゆらぎながら下降していきます。

更年期症状と女性ホルモンのゆらぎについて

このエストロゲンのゆらぎは、脳と卵巣が深く関係しています。
エストロゲンは卵巣から分泌されるのですが、年齢とともに卵巣の働きが衰えエストロゲンの量が減少していくと、脳が「エストロゲンをもっと出して!」と指令を出します。
そうすると、卵巣はエストロゲンを分泌しようと働きますが、どうしても沢山分泌できる日と少ししか分泌できない日がでてきます。
そのため、脳と卵巣の反応にギャップが生じ、エストロゲン分泌のゆらぎが生まれてしまいます。
このゆらぎが脳を混乱させてしまい、自律神経が乱れ更年期症状を引き起こすそうです。

更年期には3つの原因がある

更年期の症状は3つの原因があるといわれています!
更年期症状を引き起こす最大の原因は、先ほどお話した「女性ホルモン(エストロゲン)の減少とゆらぎ」なのですが、その他に「性格」や「環境」も影響するのだそうです。

なりやすい性格の特徴は完璧主義で真面目、神経質、頑張り屋な人。
また、何十年もともに暮らした子ども達の巣立ち、両親の老化や介護などの環境でストレスを感じている人は更年期の症状を重く感じやすい傾向があります。

私は今まで更年期は身体の生理的な現象だけなのかと思っていましたが、性格や環境からも影響を受けることを知って少し驚きました!ゆらぎ期世代の女性は様々なストレスがふりかかり、自分の身体の不調をいとう暇もなく憂鬱な気分になりやすいのですね。

スポンサーリンク

ゆらぎ期のセルフチェックをしてみよう

ゆらぎ期が訪れると、今までの生活に変化が生じてきます。次に当てはまる症状が多い場合はゆらぎ期が疑われるかもしれません!

・目が覚めても起きれない
・やる気がでない
・化粧ノリが悪くなった
・目が乾きやすくなった
・体を動かしていないのに動悸がする
・暑くないのに顔がほてる
・以前よりミスが増えた
・不安な気持ちになったり、イライラしやすくなった
・夜中に目が覚める
・洗顔後のシミしわが気になる

これらから分かるように、ゆらぎ期の症状はほてりや動悸のような身体に現れる症状だけでなく
憂鬱な気分になったり注意力が不足するというような心の不調も現れます。

ゆらぎ期を乗りきるにはどう過ごす?

では、このゆらぎ期を乗り切るにはどう過ごすのが最善なのでしょうか。
嫌でも様々なところからストレスを受けやすい、ゆらぎ期の女性の乗りきり方についてお話します。

バランスの良い食事を心がける

ゆらぎ期は女性ホルモンが急激に減少することにより、エネルギー・脂質・骨の代謝が変化し栄養が過剰、もしくは欠乏状態になりやすく、心身ともに健康バランスを崩しやすい状態です。
食事のバランスは主食:副菜:主菜=3:2:1にするのが理想なので、意識して取り入れると良いでしょう。

イソフラボンを摂取する

イソフラボンは、ゆらぎ期に大きく影響するエストロゲンと似た成分構造になっています。身体の中で女性ホルモンと同じような働きをするため、ゆらぎ期の症状を緩和する効果があると言われています。
またイソフラボンと言えば、納豆や豆乳、豆腐などを思い浮かべますが、ゆらぎ期に「イソフラボンを摂取する」という目的のために大豆食品を食べるのはあまり効果がないようです。
おすすめは吸収力の高い「アグリコン型」イソフラボンが配合されているサプリメントで摂取することです!食品から摂取すると吸収されにくいのですが、サプリメントなら効率的にイソフラボンが摂れます。
イソフラボンには抗ストレス作用も期待できるので、ストレスの多いゆらぎ世代の女性にとって頼もしい味方となってくれますよ。

ヨガで自律神経を整える

閉経に近づくと自律神経のバランスが崩れ「イライラ」「憂鬱」「不安」「焦り」などの心の変化が表れやすくなります。
このような感情面のストレスを抱えると呼吸が浅くなり、さらに症状を悪化させることにも繋がります。
ヨガの呼吸やポーズは、身体の緊張をほぐし呼吸を深められるので、感情面のストレスを緩和する効果がありますよ。ヨガをしているうちに、気持ちが落ち着き、今の状態を受け入れどう対処していこうか落ち着いて考えられるようになるでしょう。

特に、溶岩ホットヨガスタジオの「アミーダ」のように溶岩石の遠赤外線で身体の芯からじっくりと温めるホットヨガは、ゆらぎ期のホルモンバランスの乱れで下がりがちな代謝の改善に効果的なのでおすすめです。

アミーダは、身体をたくさん動かす運動メインのヨガスタジオというより、ゆったりとした雰囲気で自律神経を整えることに重点的にアプローチできる点も良いところです。

スポンサーリンク

アラフィフ女性を悩ませる「ゆらぎ」、愛情を持って自分の身体と向き合うことが大切

不安定で憂鬱な「ゆらぎ期」を乗りきるために食事に気をつけ、ヨガで心身ともにリラックスすることも大事ですが、100%でない自分を受け入れることも大切になります。
ゆらぎ期は急激な女性ホルモンの減少に身体を少しずつ慣らせていく期間になります。
自分に合った乗りきり方を見つけて上手に自分の身体と向き合っていきましょう(*^-^*)