正月太りの予防や解消にもヨガ?お腹スッキリポーズを紹介☆

正月太りの予防・解消にもヨガ?お腹スッキリポーズを紹介☆

こんにちは。
12月の下旬に入り2020年も残すところあと僅かになりました。

イベントが増える年末年始はついつい食べ過ぎてしまうので、
お正月明けに体重計にのってビックリする人も多いのではないでしょうか?

ヨガインストラクターという仕事柄「痩せたい」という相談をよく受けるので、今回は「なぜ正月太りしてしまうのか」という話から、正月太りの予防・解消におすすめのヨガポーズをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

正月太りの原因

「正月太りには気をつけよう」と思っているのに気づいたら体重が増えている・・・
毎年そんな悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

大正製薬の「正月太り」に関する調査(20~30代の働く女性を対象)によると、約8割の女性が「正月太り」を経験しており、平均2.6キロの体重増加があったという結果が出ています。

年末年始で平均2.6キロ増!? 「正月太り」に関する調査

正月太りを予防するためには、どうして太ってしまうのかその原因をしっかりと認識することが大切です。

暴飲暴食

クリスマスや忘年会、お正月、新年会など年末年始は外食や食事量が増える機会が多くなります。
成人であれば、飲酒量も多くなるでしょう。

お正月

人が集まる場ではワイワイ話しながら無意識に食べ過ぎてしまっていたなんてことも・・・。
カロリーを摂りすぎてしまえば、体重が増えるのは当然です。

短期間に暴飲暴食を重ねると、急激に体重が増えてしまうことがあります。
また、なかなか元の食事量に戻らず体重が落ちないということにもなりかねません。

運動不足

冬の寒さや正月気分が抜けないことから、1月は1年で最も運動を怠る月といわれています。
そのため、運動不足が原因で正月太りしてしまう人もいるでしょう。

運動不足

暴飲暴食による摂取カロリーオーバーに加えて運動の機会が減ると、脂肪は体にどんどん蓄積されていく一方です。普段ジムやランニングで有酸素運動の習慣がある人は、短期間サボるだけでも体重増加につながるので油断は禁物ですよ。

体の冷え

体が冷えることで血流やリンパの流れが低下し、むくみやすくなります。

体の冷え

基礎代謝が低いとエネルギーを消費しづらい体になってしまうので、食事制限などでダイエットに励んでも瘦せにくいのです。そのため、正月太りがなかなか解消されず悩む方も多いでしょう。

以上の3つが、正月太りの大きな原因として考えられます。
真冬の寒い時期に高カロリーな食生活が続くので、どうしてもお正月は太りやすくなってしまいます。そのため、生活習慣や食生活を意識して未然に防ぐことが重要です。

正月太りどうやって予防する?

正月太りの原因についてわかったところで、予防方法について解説します。

正月太りの予防①食生活に気をつける

1年の始まりであるお正月はおせち料理をはじめ手の込んだ料理や縁起物ばかりです。
また、親戚や友人との集まりの場での食事がほとんどなので食べないわけにもいきませんよね。

食生活に気をつける
  • お餅は1日1個まで
  • 炭水化物は控える
  • 汁物や野菜から食べる
  • お酒は1日1杯
  • よく噛んでゆっくり食べる

など、自分の中でルールを設けてカロリーコントロールをしましょう。
また、毎日体重を測定をすることで食べ過ぎ防止につながります。

正月太りの予防②体を動かす

お正月だからといって一日中ゴロゴロするのはやめましょう。寝正月には要注意です!

体を動かす

掃除をしたり、ストレッチをしたり適度に体を動かすだけでもカロリーは消費されます。
初詣や初売りなど買い物に出かけてたくさん歩くようにするのも良いのですが、このご時世なので出来るだけ自宅で体を動かす方法を見つけましょう。

正月太りの予防③生活リズムを崩さない

生活リズムを崩さない

年末年始は、長期休みで家にいてやることがなく、特番を見ながら夜更かししてしまったり、食事の時間がバラバラだったり、旅行などで生活リズムが変わりやすい時期です。
夜更かしなど生活のリズムが崩れると、体内時計が狂ってしまい代謝が落ちるので、太りやすくなってしまいます。

また、いったん夜型になってしまった生活を元に戻すとなると大変です。太りやすい時期である年末年始だからこそ生活リズムを整えておくことが予防につながります。

スポンサーリンク

正月太りの解消におすすめのヨガのポーズ

年末年始でたるんでしまった体には、ヨガもおすすめです♪
食べ過ぎ飲み過ぎで疲れた胃腸をリセットし、食欲を正常に戻してあげましょう。

船のポーズ


お腹周りにアプローチしてくれる「船のポーズ」。
消化機能を活発にするので便秘解消の効果も期待できます。
年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸をリセットするのにピッタリなポーズです。

腹式呼吸を意識して脂肪燃焼の効果を高めましょう!

橋のポーズ


ヒップアップ効果が期待できる「橋のポーズ」。
大殿筋を鍛えてたるんだお尻をキュッと引上げましょう!
他にも腹筋・背筋・骨盤底筋なども鍛えられるので、下半身太りの緩和にもつながりますよ。

このポーズは胸が大きく開くので「ストレスが溜まっている」「呼吸が浅い」という人にもおすすめです。

バッタのポーズ


内臓機能を活発にし、全身の血行を促進してくれる「バッタのポーズ」。
寒い冬に体が冷えることで起こる血行不良の改善や予防にピッタリです。偏った食事や食べ過ぎも血行不良の原因になりますので、気をつけましょうね。

このポーズは体を反らせることで内臓全体が刺激されるので、胃腸の調子が整います。
背筋が鍛えられるので背中の贅肉にも効果的です!

今からでも朝起きたときや寝る前などにヨガのポーズを習慣的に行うことで、お正月太りの予防につながりますよ♪

正月太り解消に最適なホットヨガ!

ホットヨガは暖かい環境で行うので、冬の寒さからくる体の冷えにも効果的です。

冷え固まった体で急に運動すると怪我をしてしまう恐れがありますが、ホットヨガは十分に体が温まった状態で筋肉を伸ばすので怪我をしにくいといわれています。

また、ヨガのゆったりとした動きはインナーマッスルを鍛えてくれるので、基礎代謝アップにつながります。特にホットヨガは汗を大量にかくので高いデトックス効果が期待でき、正月太りの解消に最適です!

ホットヨガのなかでも溶岩ホットヨガが◎

天然の溶岩石プレートを温めて高温多湿の環境をつくる溶岩ホットヨガは内臓から温められるので、外部から体を温める空調ホットヨガよりも高い効果が期待できます!
代表的な溶岩ホットヨガのスタジオにはアミーダなどがありますよ。

Q1.溶岩石ホットヨガの「痩せる効果」が高い理由は

A.溶岩石ホットヨガは、溶岩石から出る遠赤外線によって身体を芯から温めるのが特徴です。そのため代謝が高まるというのが大きな理由です。激しい運動に頼らず、適度な運動量で、冷え性などの体質改善や痩せることができます。

引用元:アミーダ公式サイト

汗を大量にかき水分補給をしっかりと行うことで新陳代謝が活発化し血液の循環がよくなるので、基礎代謝・基礎体温がアップし太りにくくなります。
また、溶岩にはミネラルが豊富に含まれているためマイナスイオンが発生しやすくリラックス効果が高いのもおすすめポイントです!

寒さで縮こまった体を溶岩ホットヨガでゆっくりとほぐしてあげましょう。

スポンサーリンク

ホットヨガで正月太りを乗り越えよう

今回は、「正月太り」の解消・予防におすすめな集中的にお腹やお尻に効くヨガポーズをご紹介しました!

正月太りしたからと焦って急激なダイエットをしてもストレスにもなりますし体に良くありません。年末年始だからとだらけ過ぎず、少しでもいいので体を動かすようにしましょう。
是非、今回ご紹介したポーズもお家で実践してみてくださいね。

この機会に溶岩ホットヨガに入会してみるのもおすすめです(*^-^*)
それでは、正月太りには気をつけて来年を心も体もスッキリと迎えましょう。