偏頭痛と自律神経の関係とは?頭痛を和らげるツボや対処法を紹介!

偏頭痛と自律神経の関係とは?頭痛を和らげるツボや対処法を紹介!

寒暖差をはじめ天気や気圧が不安定だと偏頭痛を起こす方も多いと思います。
これは気象の変化によって自律神経が敏感に反応し過剰に働いてしまう「自律神経の失調」が原因だそうです。

偏頭痛は自分ではコントロールすることができず、酷いときには日常生活に支障をきたすほど厄介な症状です。

痛みを我慢し続けると治りが遅くなり他の病気を引き起こす原因にもなります。
なので、急に偏頭痛が現れたら無理せず症状を和らげることを優先してくださいね。

この記事では自律神経の失調による偏頭痛の対処法や痛みを和らげるツボなどを紹介しています。
偏頭痛で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

偏頭痛の原因「自律神経の失調」について

自律神経とは体調を正常に保つために循環器、消化器、呼吸器、体温調整などといった様々な体の機能をコントロールしている神経です。
そして、この神経がストレスによって正常に機能しなくなることを「自律神経の失調」と言います。

自律神経の失調が起きると血液に余分な水分が溜まり血管が拡張して神経を圧迫し始めます。
これが偏頭痛の痛みの仕組みです。
血管の拡張=血管が浮腫むというわけですが、頭が浮腫んでいると思うと恐ろしいですよね。

偏頭痛と自律神経の関係とは?頭痛を和らげるツボや対処法を紹介!
画像元:EVE

また、自律神経の失調は日頃のストレスから解放される際に急に血管の拡張が起きて発症することもあります。
「休みの日なのに偏頭痛が起きる」という方は急な拡張が原因かもしれません。

さらに女性の場合は月経周期のホルモンバランスの変化により男性よりも自律神経が乱れやすいと言われています。
偏頭痛持ちを男女別にみても女性の方が多いと言われているので、女性は長い期間偏頭痛と上手に向き合っていく必要があります。

偏頭痛の痛みの特徴

偏頭痛はこめかみから目の辺りにかけてズキンズキンと拍動性の痛みを生じるのが特徴です。
個人差はありますが月に1~2回、週に1~2回といった頻度で周期的に発症します。

頭や体を動かすと痛みが増すのに加え、吐き気・嘔吐・下痢といった症状を伴うこともあり、人によっては偏頭痛の前兆として目がちかちかするといった視覚症状が現れることもあるそうです。

1度痛みを発症すると、1~2時間でピークに達し数時間で治まることもあれば数日痛みが続くなど症状の経過は人それぞれです。

痛みが酷い時には寝込んでしまうほど軽視できない症状となっています。

スポンサーリンク

偏頭痛の対処法

偏頭痛と自律神経の関係とは?頭痛を和らげるツボや対処法を紹介!

偏頭痛に対して自分でできる対処法を知っておくと痛みが和らぎ症状も軽くなります。
上手に向き合っていくためにもぜひ対処法を覚えといてくださいね。

痛む部位を冷やす

血管の拡張を抑えるために患部を冷たいタオルや冷却シートで冷やすようにしましょう。
段々と血管が収縮して痛みが和らぎます。
逆に患部を温めてしまうと血流が良くなり血管が拡張して痛みが増してしまうので、偏頭痛の時は湯船に浸かる、温かいものを飲むなど体を温める行為は控えましょう。

暗く静かな空間で休む

偏頭痛が起きると光のまぶしさや音が耐え難くなります。
また、それらが原因で痛みが増すこともあります。
偏頭痛で辛い時はなるべく静かで暗い場所で安静に過ごしてください。
気持ちも落ち着き心身ともにリフレッシュされますよ。

カフェインを摂取する

カフェインには血管を収縮させる作用があるため痛み始めにコーヒーや日本茶などカフェインを含む飲み物を飲むと痛みが和らぐことがあります。
ただ、過剰に摂取するとカフェイン中毒となり頭痛のループから抜け出せなくなってしまうので適量を飲むように心がけましょう。

偏頭痛を和らげるツボ

偏頭痛と自律神経の関係とは?頭痛を和らげるツボや対処法を紹介!

仕事や外出先での偏頭痛の対処法として、痛みを和らげるツボをマッサージしてあげることがおすすめです。
とっさのタイミングですぐにできるので症状が出た時は刺激してみてくださいね。

百会(ひゃくえ)

頭頂部のほぼ真ん中に位置するツボ。
自律神経を整える働きがあり偏頭痛を和らげるツボとして有名です。
下に向かって垂直に3~5分ほど心地よい強さで押してあげましょう。
不眠にも役立つツボなので寝不足の時にもおすすめです。

片頭点(へんとうてん)

薬指の第二関節の側面(小指側)にあるツボ。
偏頭痛の痛みを和らげるほかに普段から押してあげることで偏頭痛の予防にも繋がるといわれています。
反対側の手の指(親指と人差し指)で第二関節を挟むように5秒間優しく押してあげましょう。
これを3~5回ほど繰り返してくださいね。

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が交差するあたりにあるツボ。
万能のツボと言われるほど体全体の痛みを和らげる作用があります。
程よい力で3秒程度の圧力を数回繰り返してください。
痛くなければペンで刺激することもおすすめです。

スポンサーリンク

偏頭痛の緩和にはヨガも効果的◎

偏頭痛の時は運動を控える方が良いのでは?と思いますが、実はヨガは偏頭痛に効果的であることが科学的に証明されているのです。

全インド医科大学神経学部が行った同研究には、18~50歳の114名が参加した。参加者はみな片頭痛を経験したことがあり、この研究の中で生活習慣(睡眠、食生活、運動など)を改善するためのカウンセリングを受けた。

また、研究チームは参加者を2つのグループに分け、1つ目のグループには薬だけ、2つ目のグループには薬と共に週3回のヨガレッスンを1ヶ月間提供した。2つ目のグループは、その後2ヶ月間にわたり、週5回のヨガを続けた。

その結果、どちらのグループにも片頭痛の症状の改善が見られたけれど、ヨガをしたグループでは、片頭痛の頻度と痛みの強さが半減しただけでなく、片頭痛が日常生活に支障を来たすことも、薬に頼ってしまうことも少なくなったというから驚き。

一方、薬を飲んだグループは、片頭痛の頻度が12%低下しただけだった。

引用:WomansHealth

というのも、ヨガ独特の深い呼吸法を行うことで頭にかかる圧力が和らぎ痛みが軽減されるのだそう。
しかも自律神経のバランスも整うので心と体がリラックスするといいます。

ただこのご時世なるべくヨガスタジオに行くのは避けたいですよね。
そんな時におすすめなのが『自宅ヨガ』です。

ネット環境が整っていれば自宅で動画を見ながらヨガを楽しむことができます。
周りを気にせず自分の好きな時間に自分のペースでできるので、その日のコンディションに合わせて動けるというメリットもあります。

ネット検索すると動画がいくつもでてくるので時間があるときにぜひ挑戦してみてくださいね。

アミーダのマイホームヨガ

偏頭痛と自律神経の関係とは?頭痛を和らげるツボや対処法を紹介!画像元:AMI-IDALIFEACADEMY

自宅ヨガの中でも特におすすめしたいのが、溶岩ホットヨガスタジオを展開しているアミーダのマイホームヨガ です。
こちらは自宅にいながら「生活の中で役立つヨガの知識」を習得することができます。

3つのコースが用意されており難易度が最も高いコースでは周囲の人々にヨガの知識やポーズを伝えることができるインストラクターの資格取得を目指せる内容となっています。

自宅でヨガをしながら資格が習得できるなんて一石二鳥ですよね。
ポテンシャルもモチベーションも上がり充実した日常を送れる気がします。

また、ヨガの知識はもちろん自律神経についても学べるので偏頭痛との向き合い方もこれまで以上に上手になると思います。
公式サイトから資料請求 ができるので気になる方はチェックしてみください。

ここまで偏頭痛や自律神経について紹介しましたが、いかがでしたか?
冒頭でもお話ししたように偏頭痛がでたら我慢せず痛みを和らげることが大切です。
この記事で紹介した対処法が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです♪