ヨガインストラクターの新卒採用!~10のポイント~

ヨガインストラクター新卒募集

社会人としてのお仕事として「ヨガインストラクター」を考えている学生のみなさんにとっては、新卒で就職する場合、ヨガインストラクターを募集・採用している、スタジオやスクールの新卒募集に応募するのが一番の近道だと思います。

その時考えることは、給料や労働条件などの待遇は?会社は安定している?自分のキャリア形成に役立つか?など、色々なことが頭の中でぐるぐると浮かんでは消えてを繰り返しますよね。

その要素は、必ずこれが1番!というものはなく、みなさんのその時々の状況や考え方によって変わるものなので、ここでは10のポイントに絞り、新卒募集に応募する際に役立つ情報をお伝えしたいと思います。

①新卒採用は業務委託だと厳しい!正社員がオススメ

新卒でヨガインストラクターを目指す場合は、正社員での採用を目指すのがオススメです。

なぜなら、残念なことに例え専門学校でヨガを極め、RYT200などの資格を取得していたとしても、現場での経験のない人に業務委託の声はなかなかかからないのが現実です。

それならば、待遇や環境が整った会社に正社員として採用され入社し、安定した状況でヨガインストラクターとしてのキャリアをスタートするのが良いでしょう。

②新卒で入社した後キャリア形成にどう役立つの?

新卒のみなさんは、社会に出たばかりです。

まわりから見れば可愛いという一面もありますが、お金を貰って働くのだから「プロ意識を持って」などと高いハードルを設定されることもあります。

最初は何もできなくても、社内での研修制度を利用してスキルアップしたり仕事終わりに自分で勉強するなどして、さらにレッスンで色々なお客様と触れ合って経験を積んでいけば、一人前のヨガインストラクターになるのは難しいことではありませんので安心してくださいね。

③女性はしっかりチェックしましょう!産休、育休制度について

働く女性にとってキャリア形成や人生設計、結婚を考えた時に気になるのが産休・育休制度が整っているかという点ではないでしょうか。

新卒での入社を考える場合、事前に募集要項などを見てそのような制度があるかどうかをチェックしましょう!
要項に記載されていなくても、フレキシブルに対応してくれる会社もあると思いますよ。

面接時に気になることとして産休、育休制度の有無を質問してはっきりさせておくのも良いと思います。

そこで言葉を濁すような人事の方がいるとすると、そのほかの待遇についても疑問が浮かび上がってくるかもしれませんね。

女性が多い職場において、女性のことを第一に考えてくれる制度を完備している会社かどうか、とても大切なことです。

④ヨガスタジオの新卒採用後の研修制度

新卒募集~採用の場合、2つのパターンがあると思います。

ヨガについて全くの未経験の場合、社内での研修を経て、お客様にレッスンできるレベルのスキルを身に着けてからヨガインストラクターデビューという形が最もオーソドックスでしょう。

ヨガインストラクターや整体師の専門学校を卒業予定の場合、研修期間が短くなることがあります。

ヨガスタジオに入社した後の研修期間中は無料のスクール扱いとなっていたり、養成費として給与から差し引かれたりと、会社によって制度は様々です。

⑤一日いくつのレッスンを受け持つの?

1日の受け持つレッスンの数は働く会社によって異なります。

色々なスタジオ・スクールを見てきましたが、基本的にLAVACALDOなどは1日3回が多いようです。

また、体の負担を考え、レッスン回数は少ない方が良いという方には、アミーダがおすすめです。
アミーダでは、インストラクターのレッスン回数を2回としているので、体の負担を抑えて働くことができます。

ヨガインストラクターになって1日2~3回は少ないように感じるかもしれませんが、レッスン以外にも清掃やフロント業務、営業活動などやることは色々あります。

⑥新卒の給与、年収はいくらぐらい?

一番気になるという人も多いかもしれない、お金のことです。
生きていくためにはお金の話は避けて通れません。
大切なことなのできちんと確認したいですよね。

これはおおむね、会社の規模に比例する感じです。

大手ヨガスタジオの求人を見てみると最大手のLAVA(ラヴァ)で月25万円程度となっています。

そのほか、約70店舗展開のCALDO(カルド)では未経験者の募集で月給18.6万円となっていました。

初年度の年収にすると250~300万円といったラインが新卒のヨガインストラクターが手にすることのできる金額になります。

⑦ボーナス・賞与の有無

上記では、毎月の収入についてふれましたが、ボーナス・賞与も収入源としては無視できないものですよね。

会社にもよると思いますが、給料1ヶ月~2ヶ月分などの金額が、年に1回~2回貰えるのと貰えないのでは、年収が大きく変わってきます。

業績賞与として支給は業績によるとなっている場合でも、支給無しとなっているところでは、話は違います。

目標達成に向けたモチベーションにもなるでしょうし、達成してボーナス・賞与をもらえたときには達成感が得られるでしょう。

⑧運営会社の規模

給料、待遇、福利厚生に影響する運営会社の規模は大きなファクターになります。

すでに最大手のLAVAは安心して新卒として入社できる会社でしょう。
会社の安定、将来性、親会社の規模もチェックすると良いと思います。

その観点で見るとアミーダがオススメです。

現在34店舗を営業中で、続々と新規店舗オープンの予定もあります。
店舗拡大による会社の成長とともに、自分自身も成長できる環境です。

運営会社はTSCホリスティック株式会社で、親会社は資本的に安定しているアールビバンとなっていて、安心して就職できる会社といえます。

⑨福利厚生が整っているか

会社に勤める上で、福利厚生が整っているかも重要なポイントと考える方も多いのではないでしょうか?
福利厚生の制度を整えるためには、ある程度の会社規模があり、安定した会社でなければ難しいと思います。
そういった点についても、ヨガインストラクターの新卒募集(採用)を行っている会社を選ぶ上での判断基準の一つと言えるでしょう。

⑩スタジオの雰囲気

仕事を探す際は、求人募集のWEBページを見て気になる会社の説明会に参加する方が多いと思います。
しかし、説明会に参加しただけで入社を決めてしまうと、入社後に自分の認識とのずれを感じてしまうこともあるでしょう。

募集要項の内容が実情と違っている部分がないか、入社前にヨガスタジオへ体験レッスンに行き、現場を見て、実際に働いているスタッフの方の声を聞くのが良いかもしれません!
体験レッスンを通して、現場の雰囲気や働いている人を見ることで入社してからのイメージがつき、認識のずれも少なくなるはずです。

インターンを実施している会社もあるので、積極的に参加してみると良いでしょう。

ヨガインストラクター新卒募集・採用を行っている会社・スタジオ

ヨガインストラクターの新卒募集についてのポイントをまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで最後に、ヨガインストラクター新卒募集を行っている会社・スタジオをご紹介します。

バリ島溶岩石ホットヨガ AMI-IDA(アミーダ)

AMI-IDA(アミーダ)の新卒募集ページ
溶岩ホットヨガで急成長中「AMI-IDA(アミーダ)」
・月給 210,000円(固定残業代26.923円含む 超過別途支給)
3か月間試用期間193,000円(見込み残業代24,744円含む)
・勤務時間 8:00~22:30(シフト制)
・休日 年間110日週休2日(シフト制)
・採用プロセス  説明選考会→面接→養成講座→内定

AMI-IDA(アミーダ)は母体の運営会社がアールビバンという上場企業になっているので、ヨガスタジオのなかでも
ずば抜けて、制度や環境が整っている印象が強くあります。
現役ヨガインストラクターの視線からですと1日のレッスン数が2本(45分×2本)を明言しています。
多すぎるレッスン数により、体調を崩しがちなヨガインストラクターのことを
よく考えてくれているという感じがしますね。

ホットヨガスタジオ LAVA

ホットヨガスタジオ LAVAの新卒募集ページ
・月給 202,000円~222,000円(月30時間分40,511円の固定残業代含む 超過別途支給、20,000円の社員手当・2,000~20,000円の地域手当を含む)
試用期間中 182,000円
・勤務時間 7:00~23:00(シフト制)
・休日 週休2日(シフト制)
・採用プロセス 一次面接&実技(オーディション)→最終面接(役員面接)→内定→採用

研修費自己負担、施設費および教材費として1万5,000円/月引かれます。
入社1~2年目は実際の手取りが12~13万円になることから、生活苦の為、辞めてしまう人が多いです。

ホットヨガスタジオ・ホットヨガ教室のカルド(CALDO)

ホットヨガスタジオ・ホットヨガ教室のカルド(CALDO)の新卒募集ページ
・給与 月給192,000円~321,000円
・勤務時間 9:00~23:00(シフト制)
・休日 週休2日制:8日休/月
・採用プロセス 書類選考→面接→内定→採用

慢性的な人員不足が多く休みがとても取りづらいようです。
ヨガインストラクターは身体が資本ですので、動く分きちんと休むめる
環境が必要です。
どの会社を選ぶにも休みは取れるのか?などよくリサーチした方がいいですね。

ホットヨガスタジオ O&LUBIE(オー&ラビエ)

ホットヨガスタジオ O&LUBIE(オー&ラビエ)の新卒募集ページ
・給与 178,000円(諸手当含む)+能力給+レッスンフィー
・勤務時間 9:00~23:00(シフト制)
・休日 週休2日制:8日休/月
・採用プロセス 書類選考→面接(1~2回)→内定→採用

オーナー上層部がかなり売り上げにこだわるようです。
運営するのは売り上げは大切ですけどね・・・。

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)

ホットヨガスタジオ loIve(ロイブ)の新卒募集ページ
・給与 216,000円〜230,000円
・勤務時間 9:00~23:00(シフト制)
・休日 月7回(毎週月曜日定休日を含む)
・採用プロセス エントリー→面接→内定→採用

毎週月曜固定で休みということは週に1日必ず休みがとれるということですね。
月に1度のペースで従業員が全員集まって勉強会やお出かけイベントを行っているようです。
オンとオフをはっきりつけたい人には、ちょっと負担があるかも知れません。
けれど決断力も生まれると思います。

溶岩ホットヨガスタジオ Lala Aasha

ホットヨガスタジオ Lala Aashaの新卒募集ページ
・給与 210,000円(大卒)、200,000円(専門・短大卒)
試用期間3カ月 180,000円
・勤務時間 8:00~23:00(シフト制)
・休日 週休2日制
・採用プロセス 面接→内定→採用

代表との距離が近く、自分のアイデアを提案しやすい環境が整っているそうです。社員の自主性を尊重する会社なので、積極的な発言力が求められるでしょう。
社員旅行や社内イベントなどがないので、社員と交流を深める機会は少ないようです。

ヨガ・ピラティス専門スタジオ zen place

ホットヨガスタジオzen placeの新卒募集ページ
・給与 230,000円〜
・勤務時間  8:30~22:30(シフト制)
・休日 完全週休2日制
・採用プロセス エントリー→説明会→面接(1~2回)→内定→採用

毎月1回、全社員が集まる懇親会があるそうです。社員同士の仲を深めることができて楽しそうですよね。しかし、宴会が苦手な人にとっては、月1であると負担に感じてしまうかもしれません…。

エステティックサロン&ヨガスタジオのGrazia(グラツィア)

Grazia(グラツィア)の新卒募集ページ
・給与 月給190,000円~350,000円(大卒)、月給180,000円~350,000円(高卒・専門卒)、インセンティブ有り
・勤務時間 11時00分~20時30分(実働8時間)※営業時間は店舗によって異なる
・休日 シフト制(月7日休み)
・賞与 年2回(8月・12月)
・採用プロセス 書類選考→面接(1~2回)→内定→採用

エステティックサロンとヨガスタジオを全国に展開している会社なので、ヨガだけでなくトータルビューティーアドバイザーの知識が必要のようです。スキルや頑張りが評価されるインセンティブ制度をとっているようなので、向上心やメンタルが強い人が求められるでしょう。

ヨガ・フィットネススタジオのドゥミ ルネサンス

株式会社ルネサンスの新卒募集ページ
・給与 月給167,000円~180,000円(院了・大卒)、月給164,000円~177,000円(短大・専門・高専卒)※勤務地域で異なる
・勤務時間 1か月単位の変形労働時間制(シフト制)
・休日 完全週休2日制
・賞与 年2回(7月・12月)
・採用プロセス エントリー→説明会→エントリーシート提出・適性検査受験→書類選考→面接→内々定→内定→採用

新卒採用では、選考の際に実技試験はありません。
会社が配属を決めるようなので、必ず希望通りヨガインストラクターになれるとは限らないようです。また、勤務地についても本人の希望と適性、人員のバランスを考慮して会社側が決定します。

ドゥミ ルネサンスでは、新卒採用とは別に、インストラクターのオーディションを半年に一度行っているそうなので、そちらに挑戦するのも一つの方法ですね。ただし、オーディションへの参加には、実技試験受講料2,160円(税込)がかかります。

ホットヨガスタジオ&スパ AURA SPA(オーラスパ)

株式会社ラストウェルネスの新卒募集ページ
・給与 月給190,000円(大卒)、月給175,000円(短大・専門卒)
・勤務時間  週40時間 シフト制
・休日  4週8日休み
・賞与 年2回(6月・12月)※会社の業績により
・採用プロセス エントリー→会社説明会→店舗見学→面接→内定→採用

家族で参加できるBBQ、スカイダイビング、フットサルなど社内イベントを活発に開催しているそうです。
また、大会やセミナーなどで休む人をサポートしてくれるので、夢や目標に向かって成長することができる環境も整っています。
しかし、人員不足やレッスンを担当している場合は、代わりがきかないこともあり急な休みは取りづらいといった声もあるようです…。

ホットヨガスタジオリグ~Yoga Lig~

ホットヨガスタジオリグ~Yoga Lig~の新卒募集ページ
・給与 月給210,000円~
・勤務時間  シフト制 7:00~23:00(1日8時間)※実働7時間15分
・休日  週休2日制
・賞与 年2回 ※会社の業績により

ホットヨガスタジオリグは、名古屋市内に岩盤ホットヨガ3店舗と常温ヨガ1店舗を運営している地域密着型の会社です。そのため、転勤などの心配がありません。
また、「チャレンジ休暇制度」を導入しており、将来の目標のために時間を使いたい場合に最大2ヶ月の休暇を5年毎に取ることができるところも魅力のひとつです。
しかし、8時間拘束で実働が7時間15分なので、休憩は少なめかもしれませんね。

新卒でヨガインストラクターを目指すみなさんは、色々と迷ったり思い悩んだりしている最中かもしれません。

上記のポイントの中でどれか一つでも、みなさんの会社やヨガスタジオ選びの参考になったら嬉しいです。