ホットヨガと溶岩ヨガの違いについて知ってる?

ホットヨガ 溶岩ヨガ 違い

こんにちは!
現役ヨガインストラクターのえりかです😊✨

ダイエットや美容目的で、ホットヨガを始める方はとても多いですよね。
近年、ホットヨガのなかでも注目されているのが「溶岩ヨガ」

芸能人にも健康や美容のために溶岩ヨガを行っている方が増えています🥰
芸能人の美の秘訣は溶岩ヨガ!?青木さやかが綺麗になった理由とは

ホットヨガと溶岩ヨガ、どちらも高温多湿の環境で行うヨガで、大量の汗をかきますが、ふたつにはどんな違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそもヨガとは

そもそもヨガとは

みなさんはヨガにどんなイメージをもっていますか?

女性のためのフィットネスであったり、おしゃれなウェア、独特なポーズを連想される方が多いかもしれません。

ヨガの歴史はとても古く、起源についてハッキリとは分かっていませんが、今から約4500年前(紀元前2500年)のインダス文明の頃ではないかと考えられています。

現代では、ファッション性やエクササイズ的な要素ばかりが注目されがちですが、もともとは瞑想や、人が幸せに生きるための哲学に起源を持ちます。
ヨガの本質は「心と身体の調和」なのです。

 

「ヨガ」はサンスクリット語で「つながり」を意味し、心と体、魂がつながっている状態を表しますよ🌎
@amiida_saiyo_official ヨガの瞑想は何でするの?🤔#TSCホリスティック #アミーダ #ヨガ #効果 #瞑想 ♬ オリジナル楽曲 – アミーダで美しく輝く女性に – 溶岩ホットヨガスタジオ「アミーダ」採用チーム

ヨガは、いかにポーズが上手にできるかではなく、自分の心と向き合うことが大切なのです✨
呼吸、姿勢、瞑想を通して、心身の緊張をほぐすことで、日常のストレスや煩わしさから解放され、心が穏やかになったり、気持ちが楽になったりしますよ😊.。o○
そのため、単なるエクササイズとしてだけでなく、心と身体の統合を図り、本来の自分とのつながりを感じるための手段として、ヨガは広く受け入れられてきたのです。

溶岩ヨガとは

溶岩ヨガとは

ヨガは長い歴史のなかで、さまざまな変化・進化を遂げてきました。溶岩ヨガはホットヨガの一種で、スタジオ内に敷き詰められた溶岩プレートの上で行うヨガのことを指します🔥

@amiida_saiyo_official 調子が良い時と悪い時のバランス😗#TSCホリスティック #アミーダ #ヨガ女子 #姿勢 #体幹 ♬ オリジナル楽曲 – アミーダで美しく輝く女性に – 溶岩ホットヨガスタジオ「アミーダ」採用チーム

溶岩とは、火山の噴火などで噴出したマグマが冷えて固まった岩石で、バナジウムや亜鉛などのミネラル成分が豊富に含まれているのが特徴です😊✨ミネラルは人間の体にとって欠かせない栄養素で、骨や細胞などの材料になったり、生体機能の維持・調節に重要な役割を果たしますよ🦴

溶岩ヨガでは、その天然の溶岩プレートを温めて高温多湿の環境下をつくることで、溶岩に含まれるミネラル成分が水蒸気とともに空気中に放たれます。つまり、溶岩ヨガを行うと、ミネラル成分を全身からたっぷりと吸収することができるのです!

また、マイナスイオンが発生しやすく、高いリラックス効果が期待できます。

スポンサーリンク

ホットヨガと溶岩ヨガの違い

ホットヨガと溶岩ヨガの違い

溶岩ヨガとホットヨガの大きな違いは「室内の温め方」です。

ホットヨガは、室温39度前後、湿度60%前後の環境下で行うヨガのことで、通常、高温多湿の環境をつくるために、暖房や加湿器などの空調設備を使っています。

溶岩ヨガは、溶岩石から放出する遠赤外線により、内臓からしっかりと温まることができ、その温熱効果は2~3日持続するといわれているほどです😊🔥

溶岩ヨガが自然な温かさなのに対して、ホットヨガは人工的な熱で空気を温めているため、体の表面は温まっても芯から温まることはありません。

また、ホットヨガ経験者の中には「息苦しさ」を感じる方もいらっしゃいます。暖房を使用してスタジオ内を温める場合、空気中の酸素を燃やして空気を温めているため、スタジオ内の酸素濃度が低下しやすく、頭痛や息苦しさを感じることがあるとされています。

特に、初めての方や慣れていない場合、高温多湿の環境に体が適応しにくく、息苦しさを感じることがあるでしょう。

一方、溶岩ヨガでは、溶岩石からの温熱だけで、室内全体を温めていきますので、マイナスイオン効果で息苦しさや体のだるさを感じにくい環境です。

溶岩ヨガとホットヨガでは汗の質にも違いがある

溶岩ヨガとホットヨガでは汗の質にも違いがある

ホットヨガでは大量の汗をかきますが、溶岩ヨガと通常のホットヨガではかく「汗の質」にも違いがあるんです。

汗には「汗腺」と「皮脂腺」から出る汗の2つの種類があります。
普段かいている汗は「汗腺からの汗」で、主に体温調節の役割を担っています。運動後や暑い時、辛いものを食べた時など、熱を放出して体温を下げる働きをしているのです🥵💦

空調設備を使用したホットヨガでは、体の表面しか温まらないので、汗腺からの汗を促します。汗腺から出る汗のため真夏の様なべとべとした汗で、お肌も荒れやすくなります😣

「汗をかく = デトックス」と思っている方は少なくありませんが、この汗腺からの汗は体の熱を放出し体温を下げるための汗です。そのため、デトックスとは異なります!

デトックスに必要なのは「皮脂腺からの汗」と言われています。
ですが、皮脂腺から汗をかくのはなかなか難しく、体の芯から温まらないと出てくれません💧

 

皮脂腺から汗を促すのにオススメなのが、溶岩ヨガなんです😊✨

溶岩ヨガでは、遠赤外線効果によって体の内側からじんわりと温めていくので、皮脂腺を開きやすくすると言われています。皮脂腺から流れる汗はサラサラとして臭いがないのが特徴です。
通常の汗は塩分を含むため、髪が傷んだり、肌が乾燥したりしますが、皮脂腺からの汗は「天然の化粧水」と言われていて、お肌に潤いを与えてくれます。
そのため、レッスンの後、汗をシャワーで洗い流さない方も多いそうですよ💖

スポンサーリンク

最後に、溶岩ヨガができるスタジオを紹介

溶岩ヨガの大手スタジオといえば 💜アミーダ💜

アミーダは、質の高いバリ島の天然溶岩石のみを使用したスタジオが特徴です。
溶岩石から放出される遠赤外線効果によって温められたスタジオ内では、簡単なポーズをとるだけでも内臓からぽかぽかと温まり、心地よい汗がじんわりと滲み出てきます。
レッスンが終わるころには、サラサラした汗が滝のように噴き出し、最高の爽快感を味わえることでしょう!

また、アミーダのレッスンは、一人ひとりの悩みに適した「パーソナル型サポート」が特徴です。
アミーダはインストラクターの採用や育成にも力を入れているので、質の高いインストラクターが多いことでも評判となっています。

「はじめてのヨガだから不安」
「ホットヨガは息苦しくて苦手」
「他のホットヨガスタジオで思ったような効果を感じられなかった」

そんな方は、一度アミーダの体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

サウナとホットヨガの違いは?呼吸が苦しい人は溶岩浴がピッタリ